ボランティアセンター

 本学では、平成28年熊本地震の発生直後から、学生ボランティアと教職員が一体となって、多くの被災者に寄り添う活動を実施してきました。

 2016年6月よりボランティアに関する情報の提供や、活動に参加する学生の相談窓口として「ボランティア準備室」を開設し、2017年1月に正式な「ボランティアセンター」へと移行しました。同センターでは、ボランティア活動を大学の地域貢献の一つと位置づけ、活動を通じた人材育成に寄与するため、学生及び教職員によるボランティア活動の推進や支援を目的とした取り組みを行っています。

ご挨拶

熊本学園大学ボランティアセンター副センター長
髙木 亨 社会福祉学部准教授
(専門:人文地理学、災害復興学、産業地域論)

平成28年熊本地震を受け、本学では避難所を自主的に開設・運営し、高齢者やしょうがいのある方を含む多くの地域の被災者の受け入れを経験しました。その際、学生ボランティアの活躍は目を見張るもので、その後、避難所での活動をきっかけに、多くの学生たちが、熊本地震の被災地で災害ボランティア活動を自主的にはじめました。大学としてもこうした学生たちの活動をサポートするべく、2016年6月に当センターの前身である準備室を設立、翌2017年1月からセンターとして正式に発足しました。

当センターで取り扱うボランティアは「災害ボランティア」に特化しており、被災地にある大学ならではの、息の長い支援活動をめざしています。また、よりよいボランティア活動に向けた、本学学生のボランティアスキル向上のための講習会や講演会、ワークショップなども企画・運営しています。また、平成29年7月九州北部豪雨などにも学生ボランティアを派遣しています。

これまでも、本学学生ボランティアの活動に対して、学外の各団体やOB・OGをはじめ多くの方々からご支援をいただきました。厚く御礼申し上げます。また、「息の長い活動」のため、今後もご支援賜りますようお願い申し上げます。

熊本地震からの復興も地域によってはまだまだです。災害ボランティアの件でご相談やご支援などございましたら、熊本学園大学ボランティアセンターまでご連絡ください。

ボランティアセンターの業務

  1. 災害復旧及び復興支援を含むボランティア活動に関する業務
  2. ボランティア活動に関する広報及び啓発活動
  3. ボランティア活動に関する情報収集及び提供
  4. ボランティア活動に参加する学生、教職員等への助言と支援
  5. ボランティア関係機関、関係団体及び関係自治体との連携
  6. その他ボランティア活動に必要な業務

お問い合わせ

ボランティアセンター 14号館1階
HP:http://volcen.kumagaku.ac.jp/
TEL:096-664-7061 FAX:096-362-0209

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

学生広報スタッフがクマガクの魅力や最新情報をお届けします

わたしたちの

わたしたちの"やるじゃん、じぶん。"

在学生4名が語る"やるじゃん、じぶん。"エピソード

熊学バーチャルツアー

熊学バーチャルツアー

キャンパスの施設や風景をパノラマビューでリアルに体感できます!

公式YouTubeチャンネル

公式YouTubeチャンネル

大学の様子やオープンキャンパス、在学生の活躍などを動画で紹介しています

学長メッセージ

学長メッセージ

幸田亮一学長よりホームページをご覧の皆さまへのメッセージです

福祉で活躍するセンパイの想い

福祉で活躍するセンパイの想い

将来の福祉を担う人材の育成をめざす「福祉系大学経営者協議会」に加盟しています

大学コンソーシアム熊本

大学コンソーシアム熊本

産学官連携により地域社会の発展、熊本の教育環境の向上をめざして活動しています

クマガク特設サイト
在学生・卒業生メッセージ