坂口 大樹 経済学科4年 熊本大同青果株式会社

他の学生を見る

  • 川口 文香
  • 井手 淳貴
  • 橋本 朋佳
  • 田中 俊
  • 片山 恵奈
  • 津田 和真
  • 堀下 志穂
  • 坂口 大樹
ワタシの内獲得奮闘記トップ

在学中の活動

勉強とスポーツの両立を図った4年間。
フットサルは熊本大会で優勝しました。

経済学の勉強、資格取得、友達との交流、スポーツに力を注いだ4年間でした。印象に残っているのは、荒井ゼミでの学習。TPPや原発など日本が直面する経済問題についてディベートすることで、日本の現況やそれに対する多様な考えを知ることができました。また長年続けてきたサッカー、そして3年次から始めたフットサルも忘れることはできません。フットサルは大学の友人から誘われてチームに入ったのですが、プーマカップ熊本大会で優勝。熊本リーグの1部昇格にも貢献することができました。

  • 前へ
  • 次へ

就職活動

就職課主催の「新聞活用講座」は
就活で役立った講座の一つです。

就活では、GSA(学生就職アドバイザー)講座に参加したり、就職課に足を運んで先輩の面接内容をチェックしたり、またヤングハローワーク(ジョブカフェ)にも通って情報を収集しました。役立ったと思えるものの一つに、就職課が主催する「新聞活用講座」が挙げられます。新聞の活用方法だけでなく、エントリーシートの書き方、面接の応対法などいろんなアドバイスをもらうことができました。講座では挙手による質問時間を設けてありましたが、このときに指導を受けた「質問の仕方」は企業説明会でしっかり活かすことができました。

ワタシの就活アイテム

ワタシの内獲得奮闘記トップ

将来の抱負

熊本の活性化に貢献する意識を持ち
生産者との信頼関係を築いていきたい。

就職先の事業は、青果業。生産者から仕入れた野菜や果物を市場に持ち込み、セリにかけて販売業者に渡す仕事で、農家と市場をつなぐ役割を担っています。市場の仕事は早朝に始まります。まず早起きに慣れ、生活のリズムを朝型に変えることが当面の目標です。全国的にはまだ認知度が高いと言えないかもしれませんが、熊本は農業が盛んです。ということは、農業の繁栄が熊本の活性化にもつながるということ。そうした意識を強く持って、生産者との信頼関係を築きながら日々の仕事に取り組んでいくつもりです。

  • 前へ
  • 次へ