ニュース

韓国青年訪日団と本学の学生がディスカッション

1月25(水)、外務省が主催する対日理解促進交流プログラムJENESYS 2016の一環として、韓国の大学生訪問団33名が来学。本学で韓国語を学ぶ学生など15名と交流し、ディスカッションを行いました。

 

 このプログラムは、日本とアジア、北米、欧州、中南米の各国・地域との間で、将来活躍が期待される優秀な人材を招へい・派遣する交流事業で、対日理解の促進を図るとともに、日本の魅力を発信することを目的に実施されているものです。JENESYS 関連事業では、これまでも本学の学生とグアム、ブータン王国、韓国、ニュージーランドの学生が交流を重ねてきました。

 

 今回は、「災害と国際交流」をテーマに、東日本大震災や熊本地震、セウォル号沈没事故など、日韓で起きた災害を振り返り、それぞれがどう受け止め、また、今後にどういかすべきかなど、災害を通じた国際交流のあり方についてグループごとに意見を交わしました。学生たちは、互いに顔が見える距離で話し合い共感し合うことが今後の支援のあり方に有益であることや、地震に強い建築について技術交流できないかなど、活発に意見を語り合いました。

交流   2017/02/03   広報室
タグ:国際交流
クマガク学生広報スタッフ公式SNS

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

学生広報スタッフがクマガクの魅力や最新情報をお届けします

わたしたちの

わたしたちの"やるじゃん、じぶん。"

在学生4名が語る"やるじゃん、じぶん。"エピソード

熊学バーチャルツアー

熊学バーチャルツアー

キャンパスの施設や風景をパノラマビューでリアルに体感できます!

公式YouTubeチャンネル

公式YouTubeチャンネル

大学の様子やオープンキャンパス、在学生の活躍などを動画で紹介しています

学長メッセージ

学長メッセージ

幸田亮一学長よりホームページをご覧の皆さまへのメッセージです

福祉で活躍するセンパイの想い

福祉で活躍するセンパイの想い

将来の福祉を担う人材の育成をめざす「福祉系大学経営者協議会」に加盟しています

大学コンソーシアム熊本

大学コンソーシアム熊本

産学官連携により地域社会の発展、熊本の教育環境の向上をめざして活動しています

クマガク特設サイト
在学生・卒業生メッセージ