ニュース

社会福祉学部・黒木ゼミが住民交流サロンに参加

 2月20日(月)、熊本市の下油田公園憩の家で住民交流会「サロンすずかけ」が開かれました。
 これは、託麻原校区5町内に住む住民の交流を目的に町内自治会が主催しているもので、ふた月に1度開催されています。交流会には、地域住民をはじめ近隣の医療機関、地域包括支援センタースタッフなどが参加。さらに今回は、本学社会福祉学部の黒木邦弘准教授のゼミ生5名がはじめて参加しました。

 サロンでは、県内で頻発している詐欺情報など防犯防災に関する講話や、介護予防に効果が高いとして全国に広まった「100歳いきいき体操」が行われました。
 その後、お茶を囲んでの交流会では、学生が参加者の隣に座り、熊本地震の体験や日常生活の楽しみや困りごとまで、さまざまな話題で会話が弾みました。
 参加者のなかには、学生が来てくれるからと本学の各学部学科の学びの内容を調べてきてくださる方もいて交流会は終始賑やかに進みました。

 ゼミ生の城本さくらさん(社会福祉学科3年)は、「地域ネットワークとは良く聞く言葉だけれど、こうしたサロンを通してつながりが生まれていくのだと実感した。私自身もこの近くに住んでいるので、みなさんと声をかけあえる一人になりたい」と話しました。
 

学部   2017/02/23   広報室
クマガク生広報スタッフ公式SNS

クマガク生広報スタッフ公式SNS

学生広報スタッフがクマガクの魅力や最新情報をお届けします。

わたしたちの

わたしたちの"やるじゃん、じぶん。"

在学生4名が語る"やるじゃん、じぶん。"エピソード

熊学バーチャルツアー

熊学バーチャルツアー

キャンパスの施設や風景をパノラマビューでリアルに体感できます!

公式YouTubeチャンネル

公式YouTubeチャンネル

大学の様子やオープンキャンパス、在学生の活躍などを動画で紹介しています

学長メッセージ

学長メッセージ

幸田亮一学長よりホームページをご覧の皆さまへのメッセージです

クマガク特設サイト
在学生・卒業生メッセージ