ニュース

平成28年度 学位記授与式を挙行しました

 熊本学園大学第60期生・大学院第28期生の学位記授与式が、3月24日(金)午前10時より熊本県立劇場コンサートホールで挙行され、学部生982名・大学院生53名が学び舎をあとにしました。

 式に先立ち、昨年4月に発生した熊本地震で阿蘇大橋の崩落に巻き込まれ亡くなった経済学部・大和晃さんと、犠牲となられた方々に哀悼の意を込め、黙祷が捧げられました。

 開式のあと、幸田亮一学長より各学部・大学院の代表に学位記が、優秀者4名に高橋賞、課外活動で特に優秀と認められた3名に丸山賞特別賞が授与されました。
 幸田亮一学長は告辞で、「学生生活の最後の年が始まってすぐの大地震により学習環境が変化するなか、就職活動を続けながらボランティアにも励んだ皆さんの努力に感動しました。熊本学園大学は今後も母校としてみなさんを応援していきます。これからの新しい時代に、それぞれの地域でみなさんが元気に活躍されることを心より願っています」と力強く卒業生にエールを贈りました。

 続いて、本学園の目黒純一理事長、同窓会志文会会長の梶山春男氏からお祝いの言葉が贈られると、卒業生を代表して井手華妃さん(経済学部国際経済学科)が、「互いに刺激し高め合い、認め合う事のできる関係性を築けた4年間の日々はかけがえのない財産です。また、熊本地震を経験し、私たちも誰かの未来を支えていることを忘れず希望を持って踏み出すことが、延いては熊本の再建にも繋がると信じています。選択と行動、人との出会いを大切にし、人生の財産を作り上げるとともに、自分自身も誰かの財産となれる人間でありたいと思います」と謝辞を述べました。

 式典後、卒業生は大学の各教室へ移動し、学級主任から一人ひとり名前が読み上げられ、学位記が手渡されました。また、午後からは在学生が企画したプラムパーティーも開かれ、恩師や級友、サークルの仲間を囲み写真を撮るなど、学生生活の思い出を噛みしめ別れを惜しむ姿や、固く絆を確かめ合う姿が見られました。

大学   2017/03/24   広報室
クマガク学生広報スタッフ公式SNS

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

学生広報スタッフがクマガクの魅力や最新情報をお届けします

わたしたちの

わたしたちの"やるじゃん、じぶん。"

在学生4名が語る"やるじゃん、じぶん。"エピソード

熊学バーチャルツアー

熊学バーチャルツアー

キャンパスの施設や風景をパノラマビューでリアルに体感できます!

公式YouTubeチャンネル

公式YouTubeチャンネル

大学の様子やオープンキャンパス、在学生の活躍などを動画で紹介しています

学長メッセージ

学長メッセージ

幸田亮一学長よりホームページをご覧の皆さまへのメッセージです

福祉で活躍するセンパイの想い

福祉で活躍するセンパイの想い

将来の福祉を担う人材の育成をめざす「福祉系大学経営者協議会」に加盟しています

大学コンソーシアム熊本

大学コンソーシアム熊本

産学官連携により地域社会の発展、熊本の教育環境の向上をめざして活動しています

クマガク特設サイト
在学生・卒業生メッセージ