ニュース

熊本県中小企業家同友会との包括的連携協定を締結

 本学と熊本県中小企業家同友会(以下、同友会)は、相互の連携・協力による地域の産業発展及び人材育成に寄与することを目的とした包括的連携協定を締結しました。

 本学と同友会は、これまで本学教員による同友会機関紙への寄稿、本学開催の講演会等へ同友会からの講師派遣、本学教員への景況調査アンケートに関する集計・分析の業務委託等による相互交流を図ってきましたが、このたびの協定締結により、一層の連携協力を進める予定です。

 調印式は4月17日(月)午後1時30分から、本学本館3階の特別会議室で行われ、本学から幸田亮一学長、目黒純一理事長、本山憲一常務理事、山内良一理事、林裕副学長、西直美事務局次長の6名、同友会から小屋松徹彦代表理事、早咲京子代表理事、南昌輝事務局長の3名が出席。協定事項を確認後、幸田学長と小松屋代表理事が協定書に署名・押印し、固く握手を交わしました。

 調印の後、幸田学長は「個人的にもこれまで同友会の勉強会に参加するなど、会として活発な活動を行っていることを知っていた。また、本学教員・研究所ともさまざまな形で連携が深まっていた。今回、協定を結んだことで、さらに本学の資源を地域に還元できることはたいへん嬉しく、また責任の重さも感じている」と挨拶。

 また、小屋松代表理事は「中小企業が元気になることが地域の活性化に寄与すると念頭においてやってきた中で、熊本学園大学とは産業経営研究所による景況調査分析や大学院での講師派遣など連携を図ってきた。加えて、国民や地域とともに歩む中小企業という大きな理念の柱があるが、いかに実現していくかと考えた時に産学官との連携が必要であり、熊本学園大学と連携協定を締結できたということは大きな一歩と考えている。これから熊本を元気にするため一緒になって貢献していきたい」と話しました。

 本学はこれまで熊本県内10市町・1団体と包括的連携協定を結んでおり、熊本県中小企業家同友会との協定締結が12例目となります。

地域   2017/04/17   広報室
クマガク生広報スタッフ公式SNS

クマガク生広報スタッフ公式SNS

学生広報スタッフがクマガクの魅力や最新情報をお届けします。

わたしたちの

わたしたちの"やるじゃん、じぶん。"

在学生4名が語る"やるじゃん、じぶん。"エピソード

熊学バーチャルツアー

熊学バーチャルツアー

キャンパスの施設や風景をパノラマビューでリアルに体感できます!

公式YouTubeチャンネル

公式YouTubeチャンネル

大学の様子やオープンキャンパス、在学生の活躍などを動画で紹介しています

熊学アプリ

熊学アプリ

大学の最新情報やパンフレットをいつでもまとめて閲覧できる公式アプリです

学長メッセージ

学長メッセージ

幸田亮一学長よりホームページをご覧の皆さまへのメッセージです

クマガク特設サイト
受験生のための入試情報サイト 入試大辞典