ニュース

留学許可書交付式および結団式がありました

 7月19日(水)、本館4階 第三会議室で、「平成29年度交換留学生・短期交換留学生留学許可書交付式」、「平成29年度サマープログラム参加学生結団式」ならびに、「平成29年度海外就業体験プログラム参加学生結団式」がありました。今回は、英語圏へ交換・短期交換留学する5名の留学許可書交付に加え、イギリスへのサマープログラムに参加する17名、さらに初のプログラムとなる海外就業体験プログラムで香港へ派遣される6名の結団式が行われました。

 海外就業体験プログラムは、本学の学生が、海外で働く体験を通してコミュニケーション力の向上を図り、就職活動が本格的にはじまる前に、海外で働くことについて考える機会を提供することを目的として今年度から初めて実施するもの。今回は、「香港フードエキスポ2017」に出店する株式会社杉養蜂園のブースで、世界各地から訪れるバイヤーや個人消費者に外国語で商品説明や販売を行い、現地の杉養蜂園香港法人の指導を通して貿易業務の一連の流れを学びます。結団式では同社の古澤人事部主任より、参加学生に激励の言葉が送られました。

 交付式では交換留学生を代表して奥村葵さん(英米学科3年)が、「高校時代から留学に憧れを抱き、留学制度が整う本学を受験しました。1年間の長い留学には不安もありますが、送り出してくれたすべての人に感謝して本学の代表として頑張ります」と抱負を述べました。続いて、サマープログラム参加学生を代表して萩岡優真さん(経済学科3年)が、「経済学科の国際研修で昨年渡米し、伝える努力で気持ちが伝わる会話のおもしろさを知りました。今回は英語発祥の地イギリスで英会話の能力を向上させ、文化を学び、現地ならではのことにチャレンジしたい」と意気込みを語りました。さらに、初の派遣となる海外就業体験プログラム参加学生を代表して香川祐里佳さん(経営学科2年)が、「海外でのインターンシップという貴重な経験をいかし、海外で働くことの意義や姿勢を学び、将来につなげたい」と意欲をみせました。

 幸田亮一学長は、「来年は本学のルーツである熊本海外協会の発足より100年を迎えます。今回の皆さんの派遣も、この海外派遣学生の1世紀におよぶ長い伝統の中にあります。与えられた機会を十分生かし、一回り成長して戻ってきてください」と挨拶。カーク・マスデン国際交流委員長も、「留学先で体験したことの中には、時を経てはじめて意味を持つことも多い。目的意識を持って留学に臨み、さまざまな出会いに柔軟に対応し、多くのことを得る機会にしてください」と激励しました。また、同窓会志文会より東洋語学専門学校1期生の清田春雄副会長が、「志文会は平成5年より海外留学奨学金、志文会奨学金、海外活動援助金を通して、母校の後輩の海外留学を後押ししています。この留学がみなさんの将来にプラスになることを願っています」と学生生活の充実と母校のさらなる発展にエールを送りました。

交流   2017/07/28   広報室
クマガク生広報スタッフ公式SNS

クマガク生広報スタッフ公式SNS

学生広報スタッフがクマガクの魅力や最新情報をお届けします。

わたしたちの

わたしたちの"やるじゃん、じぶん。"

在学生4名が語る"やるじゃん、じぶん。"エピソード

熊学バーチャルツアー

熊学バーチャルツアー

キャンパスの施設や風景をパノラマビューでリアルに体感できます!

公式YouTubeチャンネル

公式YouTubeチャンネル

大学の様子やオープンキャンパス、在学生の活躍などを動画で紹介しています

熊学アプリ

熊学アプリ

大学の最新情報やパンフレットをいつでもまとめて閲覧できる公式アプリです

学長メッセージ

学長メッセージ

幸田亮一学長よりホームページをご覧の皆さまへのメッセージです

クマガク特設サイト
受験生のための入試情報サイト 入試大辞典