ニュース

第18回熊本学園大学ゼミナール大会で山田五郎氏の講演が行われました。

image20111128164635.jpg  11月26日から27日の2日間、第18回熊本学園大学ゼミナール大会(主催:学翔学会ゼミナール協議会委員長:森山優紀さん 子ども家庭福祉学科4年)が開催されました。これは、本学のゼミナールや学翔学会に所属する研究会に、日頃の研究の成果を発表する機会を提供し、活動の活性化を図ることを目的として開催されているもの。
 26日午後1時30分からは、14号館高橋守雄記念ホールで記念講演会が行われ、編集者・評論家の山田五郎氏が「“やりたい仕事”と出会うには」をテーマに講演し、約100名の学生・教職員が聴講しました。
 山田氏は、昨今の大学生の就職状況について「何がやりたいかを基準に仕事を選ぶより、その会社に就職できるかどうかの難易度を基準に会社を選んでいる学生が多い」と指摘し、「“やりたい仕事”は、探して簡単に見つかるものではない。就職しても、すぐに辞めてしまう若者が多いが、自分にとって理想的な環境や仕事がどこかにあって、自分はまだそれに出会っていないのだと思うのは間違いだ」と話しました。山田氏は、出版社に就職し、若者向けのファッション誌の編集に携わった自身の苦労話を交えながら、「ちょっと嫌なことがあったからといって仕事を辞めているようでは一歩も先に進めない。続けることによって、意思の力でその仕事を『好き』になることもできる。続けた結果駄目だったとしても、その努力は必ず次に生かせる。“やりたい仕事”は自分でつくるもの」と学生にアドバイスを送りました。講演後の質疑応答では、学生から山田氏の職業観や仕事を好きになるコツについて多くの質問が寄せられました。
 27日午後3時からは、部門別討論会と発表会が開かれ、「新幹線開通による経済効果」、「TPP参加の是非をめぐって」、「ソーシャルネットワーキングサービス」などをテーマとした活発な議論が行われました。
image220111128164635.jpg
image320111128164635.jpg
image420111128164635.jpg
大学   2011/11/26   広報室

クマガク生広報スタッフ公式SNS

クマガク生広報スタッフ公式SNS

学生広報スタッフがクマガクの魅力や最新情報をお届けします。

わたしたちの

わたしたちの"やるじゃん、じぶん。"

在学生4名が語る"やるじゃん、じぶん。"エピソード

熊学バーチャルツアー

熊学バーチャルツアー

キャンパスの施設や風景をパノラマビューでリアルに体感できます!

公式YouTubeチャンネル

公式YouTubeチャンネル

大学の様子やオープンキャンパス、在学生の活躍などを動画で紹介しています

学長メッセージ

学長メッセージ

幸田亮一学長よりホームページをご覧の皆さまへのメッセージです

クマガク特設サイト
在学生・卒業生メッセージ