ニュース

第21期「DOがくもん」第1回講演会が開催されました。

IMG_5761.jpg

熊本日日新聞社と本学が共催する公開講座、第21期「DOがくもん」第1回講演会が、6月15日(土)、14号館「高橋守雄記念ホール」で開催され、歌手、作曲家、俳優である財津和夫さんが「心の旅いまこそ」と題して、デビュー当時から今に至るまでを軽妙なトークで語り、会場の約460人を魅了しました。

福岡市出身である財津氏は、父母が熊本出身で熊本弁の中で育ったことを紹介。音楽は好きだったが、本格的な音楽活動に目覚めたのは、高校生のとき。映画「ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」を見たことがきっかけと話しました。

また、レコードデビューの逸話では、「私の小さな人生」という曲をレコーディングした翌日、メンバー2人が突然辞めてしまったのに曲は発売されたので、レコード会社からプロモーション活動をするよういわれ、急きょ新メンバー3人を入れ、新生「チューリップ」を誕生させたことなどを紹介しました。3枚目の「心の旅」がオリコン1位になり、このヒットで年間160本にもおよぶコンサートで全国を回る日々が始まり、殆ど家にいない状態が続いたそうです。

終盤には、芝居や、他の歌手の作曲もしている話から、4作品提供している松田聖子の曲のデモテープを聞かせてくれました。作詞家の要望にあわせ、財津氏本人の声でメロディーを奏でる曲に会場が沸きました。

デビュー以来、2,300回~2,400回のコンサートを開催。ソロ活動だけでなく、ときどきチューリップも再結成。現在、昨秋開始した40周年記念コンサートが、7/2の福岡会場でファイナルを迎えることを報告し、年齢を重ねるほど回帰志向が強くなり、九州でのコンサートは特に嬉しいと顔をほころばせました。

最後に、チューリップは音楽面では学生のノリを持っているバンド、こんな素朴な田舎の雰囲気を残しているバンドが長くやってこられたのは、何よりもファンの父性や母性に支えられてきたからと語り、講演会を終了しました。

 

DO学問 トリミング0...
IMG_5750.jpg
 
 

 

地域   2013/06/17   広報室
クマガク生広報スタッフ公式SNS

クマガク生広報スタッフ公式SNS

学生広報スタッフがクマガクの魅力や最新情報をお届けします。

わたしたちの

わたしたちの"やるじゃん、じぶん。"

在学生4名が語る"やるじゃん、じぶん。"エピソード

熊学バーチャルツアー

熊学バーチャルツアー

キャンパスの施設や風景をパノラマビューでリアルに体感できます!

公式YouTubeチャンネル

公式YouTubeチャンネル

大学の様子やオープンキャンパス、在学生の活躍などを動画で紹介しています

熊学アプリ

熊学アプリ

大学の最新情報やパンフレットをいつでもまとめて閲覧できる公式アプリです

学長メッセージ

学長メッセージ

幸田亮一学長よりホームページをご覧の皆さまへのメッセージです

クマガク特設サイト
在学生・卒業生メッセージ