ニュース

学生によるサイバー防犯ボランティア活動がニュースで取り上げられました

 6月25日(水)、本学の学生によるサイバー防犯ボランティアの模様がNHK九州・沖縄のニュースにおいて生中継で放送されました。

 サイバー防犯ボランティアは、堤豊商学部教授が指導する経営学科のゼミ生が熊本県警サイバー犯罪対策課や熊本県情報セキュリティ推進協議会と協力し、インターネット上の違法・有害情報をパトロールするもので、平成23年から活動を続けています。今回の中継では、本学14号館4階のパソコン教室で、学生がウェブサイトを巡回する様子や自主制作の啓発ポスターなどが紹介されました。

 中継では、NHK熊本放送局の黒氏康博アナウンサーによるボランティアの活動内容を解説した後、リーダーの塩井勇太郎さん(経営学科4年)が、出会い系や違法薬物取引サイトを発見して通報する際の判断基準や、パトロールの際に行っている工夫について具体例を用いて実演しました。

 近年はインターネット利用の低年齢化を受け、若年層が犯罪に巻き込まれるケースが増えています。ボランティアでは、学生が県内の小・中・高等学校に足を運び、生徒にネット犯罪やスマートフォン等の安全な使用方法などについて講話も行っています。ポスターを作成した副代表の龍野いずみさん(経営学科4年・ビジュアルアート部所属)は、「ネット犯罪に巻き込まれやすい小中学生にも分かりやすく伝えることを心掛けています」と活動中に意識している点について話しました。ポスターは、実際に教育機関に配布され、実際の啓発活動に役立てられています。

 活動を見守る堤豊教授は、「犯罪を未然に防ぐ意味でも学生が大きな役割を担っている。若者ならではの発想や工夫により、安心・安全なインターネット社会の実現に向け、地域社会にその重要性を広く伝えていけたら」と話しました。 


 

 

 

 

サイバー防犯パトロールの様子
実演で応える代表の塩井さん
ネット掲示板などを検索・巡回
学生が制作した啓発ポスター
中継後の集合写真

 

大学   2014/06/27   広報室
クマガク学生広報スタッフ公式SNS

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

学生広報スタッフがクマガクの魅力や最新情報をお届けします

わたしたちの

わたしたちの"やるじゃん、じぶん。"

在学生4名が語る"やるじゃん、じぶん。"エピソード

熊学バーチャルツアー

熊学バーチャルツアー

キャンパスの施設や風景をパノラマビューでリアルに体感できます!

公式YouTubeチャンネル

公式YouTubeチャンネル

大学の様子やオープンキャンパス、在学生の活躍などを動画で紹介しています

学長メッセージ

学長メッセージ

幸田亮一学長よりホームページをご覧の皆さまへのメッセージです

福祉で活躍するセンパイの想い

福祉で活躍するセンパイの想い

将来の福祉を担う人材の育成をめざす「福祉系大学経営者協議会」に加盟しています

大学コンソーシアム熊本

大学コンソーシアム熊本

産学官連携により地域社会の発展、熊本の教育環境の向上をめざして活動しています

クマガク特設サイト
在学生・卒業生メッセージ