ニュース

第22期DOがくもん・第2回講演会で杉尾秀哉氏が講演しました

 6月28日(土)午後2時から公開講座第22期DOがくもん(主催:熊本学園大学・熊本日日新聞社)の第2回講演会が開催されました。TBSテレビ報道局解説室長でお茶の間でもお馴染みの杉尾秀哉氏が、「報道の現場から -これからの日本を考える-」と題し、政治や経済、日本の課題などを解説しました。14号館高橋守雄記念ホールで行われ、約400名が聴講しました。

 

 杉尾氏は、共演者やバブル時の出演料などテレビ業界にまつわる裏話を披露。会場から笑いを誘う和やかな雰囲気の中でスタートしました。

 

 講演会の中で杉尾氏は、一昨年に発足した安倍政権の今後について長期政権の可能性があると示唆。その理由として、「衆参ねじれ現象が解消されたことに加え、2020年の東京オリンピック開催決定は安倍首相にとっても大きな追い風」と述べ、その実現には「来秋に控える自民党総裁選と2016年夏に予定される衆参ダブル総選挙の勝利がカギ」と指摘しました。また、現在の安倍政権は、トリプルA+S(安倍首相、麻生副総理、甘利経済再生担当大臣、菅官房長官)で動いているとし、最終目標は憲法9条改正であることを強調しました。

 

 さらに、来年10月に予定される消費税率10%への引き上げについて「安倍首相は、夏までの景気を参考に年末までには判断したいとしながらも、延期する可能性がある」と予測。大きな山場となる衆参ダブル総選挙を見据え、それまで景気を悪くしたくない意向が強いとの見解を述べました。また、「超少子高齢化社会を迎えるが、女性の社会進出や、年金の支給開始年齢、外国人労働者の受入れなども見直さなければいけない」とした上で、社会全体でサポートする仕組みづくりが必要と訴えました。

 

 最後に、「日本人はもっと自信と勇気を持っていい。そして私たちの世代で責任を持ってこの厳しい大転換期を乗り越えて、次世代に繋げていかなければいけない」と会場を鼓舞し、笑顔で締めくくりました。 


 

 

 

 

 
W1024Q75_IM...
W1024Q75_IM...

 

地域   2014/06/30   広報室
クマガク生広報スタッフ公式SNS

クマガク生広報スタッフ公式SNS

学生広報スタッフがクマガクの魅力や最新情報をお届けします。

わたしたちの

わたしたちの"やるじゃん、じぶん。"

在学生4名が語る"やるじゃん、じぶん。"エピソード

熊学バーチャルツアー

熊学バーチャルツアー

キャンパスの施設や風景をパノラマビューでリアルに体感できます!

公式YouTubeチャンネル

公式YouTubeチャンネル

大学の様子やオープンキャンパス、在学生の活躍などを動画で紹介しています

学長メッセージ

学長メッセージ

幸田亮一学長よりホームページをご覧の皆さまへのメッセージです

クマガク特設サイト
在学生・卒業生メッセージ