ニュース

韓国・しょうがい者劇団『ノッドゥ』の公演が行われました

 9月22日(月)14時から、14号館高橋守雄記念ホールで、韓国のしょうがい者劇団『ノッドゥ』による公演が行われました。

 

 これは、社会福祉学部が行っている韓国・順天郷大学校との学生間交流をきっかけに、同劇団の関係者が社会福祉学部の和田要教授に話を持ちかけたことから実現したもので、昨年に続いて2度目の開催。和田教授のゼミ生や一般参加者など約20名が観劇しました。

 

 上演された演目は「私はキム・ドンスです」。

重いしょうがいを持つドンスの生き方を通じて、しょうがい者が自立した生活を送る前に立ちはだかる、社会構造や差別の問題を描いた作品です。世の中を変えようともがくドンスの苦悩や、家族、周囲の人たちとの衝突などが、自身もしょうがいを持つ俳優たちの熱演で表現されています。

 

 観劇した臼間野恵さん(社会福祉学科4年)は「しょうがいのある人もない人も同じ権利を持っているはずなのに、なぜこんなにも違いがあるのかと思った。しょうがいのために自分の意思をうまく伝えられない人もいるが、だからと言って支援する側の人が都合のいいように捉えてはいけないのだと改めて感じた」と感想を話しました。

 

 

社会のバリアの前に苦悩するドンス

劇団員と観劇した学生との記念撮影

 

学部   2014/09/25   広報室
クマガク学生広報スタッフ公式SNS

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

学生広報スタッフがクマガクの魅力や最新情報をお届けします

わたしたちの

わたしたちの"やるじゃん、じぶん。"

在学生4名が語る"やるじゃん、じぶん。"エピソード

熊学バーチャルツアー

熊学バーチャルツアー

キャンパスの施設や風景をパノラマビューでリアルに体感できます!

公式YouTubeチャンネル

公式YouTubeチャンネル

大学の様子やオープンキャンパス、在学生の活躍などを動画で紹介しています

学長メッセージ

学長メッセージ

幸田亮一学長よりホームページをご覧の皆さまへのメッセージです

福祉で活躍するセンパイの想い

福祉で活躍するセンパイの想い

将来の福祉を担う人材の育成をめざす「福祉系大学経営者協議会」に加盟しています

大学コンソーシアム熊本

大学コンソーシアム熊本

産学官連携により地域社会の発展、熊本の教育環境の向上をめざして活動しています

クマガク特設サイト
在学生・卒業生メッセージ