ニュース

熊本市との連携事業 「結婚から子育てのライフプランを考える」座談会が開かれました

 

 2月4日(水)、本学社会福祉学部と熊本市が連携する少子化対策事業の一環として「結婚から子育てのライフプランを考える」座談会が開かれました。

 

 同事業は、学生に少子化の現状や高齢出産のリスク等の情報を提供し、将来のライフプラン設計のきっかけづくりにしてもらおうと企画されたもの。

 これまでにも、情報提供のための講義や学生を対象としたアンケート調査などが行われています。
 
 今回の座談会は、アンケート調査の結果をもとに結婚、妊娠・出産、子育てに対してどのような問題や課題、また解決策があるのかを『熊本学園大学生からの提言』としてをまとめることを目的に開催されました。
 座談会に協力したのは子ども家庭福祉学科の1・2生12名で、グループで意見を交わしながら結婚から子育てに関する課題やその解決策を探りました。
「奥さんが妊娠したら、夫も休暇が取れる妊休(にんきゅう)ってどうだろう?」「いま幸せだから、結婚しないという考えもある」などとアイデアを出し合いながら模造紙にまとめ、グループの意見を発表しました。
 
 参加した古庄一貴さんと藤本博樹さんは、「自分たち世代の意見を汲みとってもらえたことが嬉しい。色々な意見を聞いて、まだまだ自分の意識が低いと思った」と、考えるきっかけを掴んだ様子。
 講評で、社会福祉学部 伊藤良高教授は「学生たちの意見やアイデアが、熊本市の施策を通じて社会全体へ活かされることになれば」と期待を述べました。
 
 学生たちの提言は、今年3月までに報告書としてまとまる予定です。

 

IMG_5460.jpg
IMG_5372.jpg
IMG_5553.jpg

IMG_5526.jpg

IMG_5601.jpg

 

学部   2015/02/04   広報室
クマガク生広報スタッフ公式SNS

クマガク生広報スタッフ公式SNS

学生広報スタッフがクマガクの魅力や最新情報をお届けします。

わたしたちの

わたしたちの"やるじゃん、じぶん。"

在学生4名が語る"やるじゃん、じぶん。"エピソード

熊学バーチャルツアー

熊学バーチャルツアー

キャンパスの施設や風景をパノラマビューでリアルに体感できます!

公式YouTubeチャンネル

公式YouTubeチャンネル

大学の様子やオープンキャンパス、在学生の活躍などを動画で紹介しています

学長メッセージ

学長メッセージ

幸田亮一学長よりホームページをご覧の皆さまへのメッセージです

クマガク特設サイト
在学生・卒業生メッセージ