ニュース

商学部の初年次教育プログラム「スタートアップセミナー」が開催されました

 4月11日(土)9時より、商学部の初年次教育「スタートアップセミナー」が11号館にて開催されました。これは、基礎演習の一環として、新入生が大学生活への理解を高め、仲間づくりの場となることを目的に設けられるものです。今年で4年目を迎え、新入生約340名と2年次以上の学生スタッフ57名、ゼミ担当教員33名が参加しました。

 吉村純一商学部長は、「本学の歴史は商学部の歴史ともいえます。4年間しっかりとした歩みをすれば、必ず結果は出ます。ともに学ぶ仲間をつくり、学生生活を充実させてください」と挨拶。学生は各学科長から本セミナーについての説明を受けた後、各自履修する基礎ゼミごとに小教室へと移動し、グループワークを体験しました。

 

 「記者会見ゲーム」では、ネームカードにそれぞれのプロフィールを記入し、お互いについて質問し合いながら親睦を深めました。ワーク中は、ファシリテーター(ゼミ担当教員)と2年次以上の学生スタッフが間に入り、様々な角度から話題を振るなど、その場を盛り上げました。
 

 一方、休憩をはさんで行われたグループワーク「バスは待ってくれない」は、5人前後のチームに分かれ、各自が持つ断片的な情報を元に一枚の地図を作って、その正確さを競いました。協力しながら作業を進めるうちに、活発な意見が交わされるようになり、団結力が高まったようです。

 

 ホスピタリティ・マネジメント学科の学生スタッフとして参加した学生2人は、入学時を振り返り、「このセミナーがあったから、タイプの違う人とも仲良くなれた」「その時の先輩スタッフは、今でも頼れる心強い存在」と、キャンパスライフの不安を解消してくれるセミナーの効果について語りました。

 新入生の西村瑠奈さん(商学科)は、「グループワークでお互いの趣味や高校までの活動を知ることができて、仲良くなれました。入学して最初は戸惑いもあったけれど、毎日が楽しいです。先輩のアドバイスなどを参考に、今後は資格取得も目指したいです」と笑顔で答え、いいスタートがきれた様子でした。

 

 

 

 

学部   2015/04/11   広報室
クマガク生広報スタッフ公式SNS

クマガク生広報スタッフ公式SNS

学生広報スタッフがクマガクの魅力や最新情報をお届けします。

わたしたちの

わたしたちの"やるじゃん、じぶん。"

在学生4名が語る"やるじゃん、じぶん。"エピソード

熊学バーチャルツアー

熊学バーチャルツアー

キャンパスの施設や風景をパノラマビューでリアルに体感できます!

公式YouTubeチャンネル

公式YouTubeチャンネル

大学の様子やオープンキャンパス、在学生の活躍などを動画で紹介しています

熊学アプリ

熊学アプリ

大学の最新情報やパンフレットをいつでもまとめて閲覧できる公式アプリです

学長メッセージ

学長メッセージ

幸田亮一学長よりホームページをご覧の皆さまへのメッセージです

クマガク特設サイト
在学生・卒業生メッセージ