ニュース

産業経営研究所2015年度第1回研究会が開催されました(講師:島根県海士町町長 山内道雄氏)

 11月28日(土)、島根県海士町(あまちょう)町長の山内道雄氏を講師に迎え、本学付属産業経営研究所の2015年度第1回研究会が開催されました。

 

 講演のテーマは「人が輝く、地域が輝く 離島からの挑戦」。離島というハンディキャップを克服し、行政と住民が一体となった大胆な行財政改革をおこなう海士町。地方再生の道を着実に歩んできた町を束ね、新たな挑戦を続ける山内氏の話を聞こうと、県内外から地域・自治体の担当者、まちおこし関係者をはじめとする約170名が参加し、会場の11号館1173教室は聴講者で埋め尽くされました。

 

 海士町は、現在の町の人口約2,300人のうち、約500名がIターン移住者であり、山内氏は、「住民が変われば町が変わる。魅力ある町には新たな活躍のステージを求めて、都市からも人が移り住む」と話し、平成14年の町長就任時から現在まで推し進めてきた、地域資源の活用による産業振興、ICTの利活用や人材育成、少子化対策など様々な改革について、行政の内部事情やエピソードを交えながら熱弁しました。

 

 町の”経営者”として目標・理念を高く持ち続け、その熱意とリーダーシップで人々の心を動かす山内氏。「島づくりの原点は人づくり」であるとしながら、島を愛する人々の魅力を引き出し、力を合わせることで、既成概念を超える地方創生を成し遂げてきた道のりが語られました。
 参加者はメモを取りながら真剣な眼差しで聞き入り、講演後の質疑応答の時間にも次々と手が上がり、行政における課題の解決や、人的活用などに関する質問がなされました。

 

 

 

協力/山内道雄町長講演会実行委員会
後援/ビジネス支援図書館推進協議会

会場の1173教室
挨拶する幸田亮一学長
山内道雄氏質疑応答も活発に行われた

地域   2015/12/01   広報室
クマガク生広報スタッフ公式SNS

クマガク生広報スタッフ公式SNS

学生広報スタッフがクマガクの魅力や最新情報をお届けします。

わたしたちの

わたしたちの"やるじゃん、じぶん。"

在学生4名が語る"やるじゃん、じぶん。"エピソード

熊学バーチャルツアー

熊学バーチャルツアー

キャンパスの施設や風景をパノラマビューでリアルに体感できます!

公式YouTubeチャンネル

公式YouTubeチャンネル

大学の様子やオープンキャンパス、在学生の活躍などを動画で紹介しています

学長メッセージ

学長メッセージ

幸田亮一学長よりホームページをご覧の皆さまへのメッセージです

クマガク特設サイト
在学生・卒業生メッセージ