入試変更点

平成31(2019)年度 入学試験の主な変更ポイント

1.一般入試(前期日程)の地方試験会場が新しくなりました。

久留米会場を新設。

2.センタープラス型入試の判定対象科目が変わりました。

英米学科で変更。

3.一般入試(後期日程)の併願方法が新しくなりました。

学部の枠を超えて3併願まで出願可能。併願料は無料。

4.大学入試センター試験利用入試(B日程)の判定対象科目が変わりました。

経済学科、リーガルエコノミクス学科で変更。

5.大学入試センター試験利用入試(C日程)の判定対象科目が変わりました。

商学科、ホスピタリティマネジメント学科、経済学科、リーガルエコノミクス学科で変更。

6.AO・スポーツAO入試の選考方法が変わりました。

経済学科、リーガルエコノミクス学科、英米学科、東アジア学科、福祉環境学科において、2回の選考から1回のみの選考へ変更。

7.一般推薦(公募制)の選考方法が変わりました。

第一部全学科において基礎学力審査を導入。

8.一般推薦(公募制)出願時に第二志望まで志望できる学部を追加しました。

従来通り経済学部(経済学科、リーガルエコノミクス学科)で出願時に第二志望まで志望可能です。
新たに社会福祉学部第一部(社会福祉学科、福祉環境学科、子ども家庭福祉学科、ライフ・ウェルネス学科)で 出願時に第二志望まで志望することができるようになりました。

9.スポーツ推薦入試(12月実施)の募集学科が増えました。

新たに子ども家庭福祉学科において若干名で募集。

10.英語外部検定試験の活用方法が変わりました。

昨年度まではみなし得点とする換算方式でしたが、下表のとおり加点方式に変更しました。

 

大学入試センター試験の得点を利用する入学試験において、各種検定試験の得点・資格を大学入試センター試験の「英語(リスニングテストを含む)」の得点に加点し、合否判定を行います。

●対象入試 センタープラス型入試 大学入試センター試験利用入試(A日程)・(B日程)・(C日程)

●加点表

加点 ケンブリッジ検定 実用技能英語検定(英検) GTEC
(4技能)
GTEC CBT IELTS
(Academic)
TEAP TEAP CBT TOEFL iBT TOEIC L&R/
TOEIC S&W
30点 160以上 準1級以上 1190以上 1160以上 5.5以上 309以上 600以上 72以上 1560以上
10点 140〜159 2級 960~1189 880~1159 4.0~5.0 225~308 420~595 42~71 1150~1555

(注)スコア・等級は2016年度実施以降に受験したものを有効とします。
(注)GTEC(4技能)はオフィシャルスコアに限ります。
(注)出願書類として、各種検定試験等のスコア・等級の証明書が必要です。(コピー可。証明書は返却しない。)

11.入試前予約型奨学金制度の採用枠(人数)が増えました。

昨年度までは60名でしたが、40名増やし100名採用されます。

12.専願制入試合格者対象の特待生枠を新設しました。

AO入試や推薦入試など専願制入試で合格者が、指定した一般入試を受験し、その中から成績上位5名を特待生とします。

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

学生広報スタッフがクマガクの魅力や最新情報をお届けします

わたしたちの

わたしたちの"やるじゃん、じぶん。"

在学生4名が語る"やるじゃん、じぶん。"エピソード

熊学バーチャルツアー

熊学バーチャルツアー

キャンパスの施設や風景をパノラマビューでリアルに体感できます!

公式YouTubeチャンネル

公式YouTubeチャンネル

大学の様子やオープンキャンパス、在学生の活躍などを動画で紹介しています

学長メッセージ

学長メッセージ

幸田亮一学長よりホームページをご覧の皆さまへのメッセージです

福祉で活躍するセンパイの想い

福祉で活躍するセンパイの想い

将来の福祉を担う人材の育成をめざす「福祉系大学経営者協議会」に加盟しています

大学コンソーシアム熊本

大学コンソーシアム熊本

産学官連携により地域社会の発展、熊本の教育環境の向上をめざして活動しています

クマガク特設サイト
在学生・卒業生メッセージ