日本学生支援機構

日本学生支援機構奨学金

 日本学生支援機構は、国の育英奨学事業を行っている機関です。健康で、人物、学力ともに優れた学生でありながら、経済的な理由により、修学が困難な学生に対し、奨学金が貸与されます。
→ 日本学生支援機構

第一種(無利子貸与)第二種(有利子貸与)平成29年度奨学生採用者数・奨学生数(平成30年3月現在) | 募集期間受験生へのお知らせ在学生へのお知らせ

第一種(無利子貸与)

貸与月額 自宅通学(月額) : 20,000円~54,000円の中から選択
自宅外通学(月額): 20,000円~64,000円の中から選択 
貸与始期 4月
貸与期間 貸与開始の月から卒業するまでの標準修業年限
毎年「奨学金継続願」の提出が必要
学業成績
1年生 ・高校の学業成績の平均が3.5以上

・高等学校卒業程度認定試験合格者で、上記に準ずると認められる人

・家計支持者が住民税非課税で本人が特に優れた学習成績を修める見込みがあること(H29年度以降入学者)

2年以上 ・本人の属する学部の上位1/3以内
家計基準

家計支持者(父母。父母がいない場合は代わって家計を支えている人)の年収・所得金額から規定で定められている特別控除額(家族構成、家庭事情等により異なる)を差し引いた金額(認定所得金額)が、収入基準額以下であること

第二種(有利子貸与)

貸与月額 20,000円~120,000円の中から選択
利   率 年利率上限3%(在学期間中は無利子)
貸与始期 4月から9月の間で希望する月を選択
貸与期間 貸与開始の月から卒業するまでの標準修業年限
毎年「奨学金継続願」の提出が必要
学業成績

・出身学校または在籍する学校における成績が平均水準以上と認められる人

・特定の分野で特に優れた資質能力を有すると認められる人

・学修に意欲があり学業を確実に修了できる見込みがあると認められる人

・高等学校卒業程度認定試験合格者で、上記のいずれかに準ずると認められる人

家計基準 家計支持者(父母。父母がいない場合は代わって家計を支えている人)の年収・所得金額から規定で定められている特別控除額(家族構成、家庭事情等により異なる)を差し引いた金額(認定所得金額)が、収入基準額以下であること

平成29年度奨学生採用者数・奨学生数(平成30年3月現在)

種別 平成29年度採用者数
1年 2年以上
第一種 予約 247
在学 47 11
第二種 予約 332 -
在学 51 22
合計 677 33
日本学生支援機構を希望する人は、「募集説明会」に出席して申請書等を受け取ってください。
「募集説明会」 の日程は学生課の掲示板で確認してください。

募集期間

4月中旬。年度によっては追加募集が行われることもあります。

【注意】
  1. 予算の関係で採用人員に限度があり、たとえ資格があっても採用されない場合がありますので、機会あるごとに出願してください。
  2. 募集に関する詳しい内容(説明会日時等)は、4号館前の学生課掲示板でお知らせします。
    掲示の見落としがないように十分注意してください。

受験生へのお知らせ

予約採用制度

高校3年生ですでに大学進学を決め、奨学金を借りたいと思っている方対象です。
この制度は高校3年の春に在学中の高校にての申込みになりますので早めに対応して下さい。詳しくは在学中の高校へお尋ね下さい。また日本学生支援機構のホームページをご覧下さい。

在学生へのお知らせ

奨学金継続願

 次年度更新のための手続きになります。手続期間は、12月中旬です。詳しくは学生課掲示板でお知らせしますので確認して下さい。ただし、継続を希望しない場合は必ず、学生課窓口に辞退の申出をしてください。(継続しない人も手続きが必要となります)