国際交流概要

国際交流の概要です。
国際交流についてのこれまでの取り組みや協定校について掲載しています。

熊本学園大学国際化ビジョン

地域に貢献し、世界で活躍できるグローバル人材を育成する大学

 熊本学園大学は、「熊本海外協会」をルーツとし、1942年発足の「東洋語学専門学校」を前身として、創立以来、日本と世界を見つめながら、地域と共に歩んできました。この伝統を踏まえ、地域に貢献し、世界で活躍できるグローバル人材を育成する大学として、学長のリーダーシップのもと、全学を挙げて、更なる国際化を目指します。

 グローバル人材とは、コミュニケーション能力、異文化を理解する力、様々な環境で直面する問題を解決するための積極性や柔軟性等を備え、国際社会に関する知識を持つ人材と捉えます。こうした能力は、世界で活躍することを可能にするとともに、グローバル化する地域への貢献にも役立ちます。熊本学園大学は、グローバル人材を育成するための取り組みを更に充実するために、次の三つの目標を定めます。

(1) 学内の国際化(外国人留学生数を倍の120人へ)
外国人留学生の受入環境および支援体制の充実を図り、受入人数を2015年度春学期現在の58名から倍増を目指します。外国人留学生の受入拡大は、学内の国際化に寄与するとともに、地域に貢献できる外国出身の高度人材輩出にもつながることが期待されます。

(2) 学生の海外留学の促進(学生の海外留学者数を4%台へ)
現在、本学では、毎年約2〜3%の学生が留学や研修をとおして海外の大学やインターンシップ先で学んでいます。留学や研修プログラムの拡大や多様化を図り、より多くの学生に海外の大学等で学ぶ機会を提供できるようにすることで、グローバル人材の育成に寄与します。

(3) 海外大学等との連携(海外協定校数を35大学へ)
学生のニーズの変容に合わせ、これまで交流がなかった国や地域の大学等とも協議し、海外の交流協定校を現在の26大学から35大学に拡大することを目指します。そして、学生が海外で学ぶ機会を増やし、外国人留学生の受入拡大につなげます。

海外交流協定校一覧(2016年 10月現在)
学生交流に関する協定を締結している交流協定校: 13カ国・地域29大学

大学間交流協定校

10カ国・地域22大学

国・地域 協定校名 締結年月日 派遣プログラム
1年 半年 1ヶ月
アメリカ モンタナ州立大学(MSU) 1982年7月22日    
キャロル大学(CC) 1982年7月22日    
インカーネットワード大学(UIW) 1999年4月12日    
ウィスコンシン大学オークレア校(UWEC) 2002年5月8日    
カナダ セント・メアリーズ大学(SMU) 2000年4月10日    
カールトン大学(CU) 2001年11月26日    
イギリス セントラル・ランカシャー大学(UCLan) 2012年2月27日  
オーストラリア ラトローブ大学(LTU) 2003年2月5日  
ニュージーランド ユニテック工科大学(Unitec) 1998年12月10日
クライストチャーチ工科大学(AIC) 2011年4月26日    
韓 国 大田大学校(DJU) 1985年6月22日    
全南大学校(CNU) 2015年4月17日  
中 国 深圳(シンセン)大学(SZU) 1987年12月19日    
北京外国語大学(BFSU) 1999年8月11日    
北京語言大学(BLCU) 1999年7月21日    
北京第二外国語学院(BISU) 2005年11月9日    
広西民族大学相思湖学院(GXUN) 2014年4月21日      
広西大学行健文理学院(GXU) 2015年4月24日      
大連工業大学(DPU) 2016年9月6日      
台 湾 崑山科技大學(KSU) 2010年1月29日    
タ イ チュラロンコーン大学(CU) 2001年11月8日  
ベトナム ベトナム国家大学ハノイ校(VNU) 2000年11月14日  

学部間交流協定校

6カ国・地域7大学

国・地域 協定校名・締結学部等名 締結年月日 本学側締結学部名
カナダ ビクトリア大学(UVic)生涯教育部 2012年2月1日 外国語学部
韓 国 順天郷大学校(SCHU)人文科学大学・社会科学大学 2013年3月18日 社会福祉学部
韓 国 梨花女子大学校(Ewha)言語教育院 2016年6月27日 外国語学部
台 湾 国立台湾師範大学(NTNU)国語教学センター 2016年6月16日 外国語学部
ドイツ ハインリッヒ・ハイネ大学(HHU)人文学部 2014年3月12日 社会福祉学部
カンボジア アンコール大学(AU)経済開発研究センター 2014年7月22日 経済学部
ミャンマー ヤンゴン経済大学(YUE)経済学部 2014年10月22日 経済学部

沿革

2016年

中国 大連工業大学と学生交流協定を締結しました。

 
2015年

韓国 全南大学校と包括交流協定と学生交流協定を締結しました。

中国 広西大学行健文理学院と学生交流協定を締結しました。

 
2014年

中国 広西民族大学相思湖学院と大学間交流協定を締結しました。

 
2012年

イギリス セントラル・ランカシャー大学と学生交流協定を締結しました。

 
2011年

ニュージーランド クライストチャーチ・ポリテクニック工科大学と大学間交流協定・学生交流協定を締結しました。

 
2010年

台湾 崑山科技大學と大学間交流協定を締結しました。

 
2005年

中国 北京第二外国語学院と大学間交流協定を締結しました。

 
2003年

オーストラリア ラトローブ大学と大学間交流協定を締結しました。

 
2002年

アメリカ ウィスコンシン大学オークレア校と大学間交流協定を締結しました。

 
2001年

タイのチュラロンコーン大学と大学間交流協定を締結しました。

カナダのカールトン大学と大学間交流協定を締結しました。

 
2000年

カナダのセント・メアリーズ大学と学生交流協定を締結しました。

韓国・大田大学校と姉妹校提携締結15周年記念学術コンファレンス開催

ベトナムのベトナム国家大学ハノイ校と大学間交流協定を締結しました。

 
1999年

中国の3大学(中国人民大学、北京外国語大学、北京語言大学)と学生交流協定を締結しました。

イギリス(北アイルランド)・アルスター大学と学生交流協定を締結しました。

大学間でインカーネットワード大学と学生交流協定を締結しました。

 
1998年

ニュージーランド・ユニテック・インスティチュート・オブ・テクノロジー(現ユニテック工科大学)との学生交流協定を締結しました。

 
1997年

「派遣大学調査委員会」発足。国際交流の理念を「友好・親善」から「研究・教育」に発展させるため、国際交流プログラム改革を始めました。

 
1995年

大田大学校との交換留学制度がスタートしました。

熊本市と桂林市との留学生交流事業が12年ぶりに再開しました。

 
1994年

ドイツ・ラインランド・プファルツ州立経済大学との交換留学制度がスタートしました。

 
1993年

韓国・全南大学校企業経営研究所と学術交流協定を締結しました。

 
1992年

フランスのリヨン商科大学との交換留学制度がスタートしました。

イギリス・リバプールジョンモーズ大学との交換留学制度がスタートしました。

 
1990年

熊本市とアメリカ・サンアントニオ市留学生交流事業に基づいて、サンアントニオ市のアワーレディオブザレイク大学及び インカーネットワード大学との交換留学制度がスタートしました。

 
1988年

モンタナ州立大学及びとの交換留学制度がスタートしました。

 
1987年

中国・広東省と姉妹校提携を締結し、同大学特区港澳経済研究所と学術交流協定を締結しました。

オーストリアのウィーン大学日本学研究所 との間で、学術交流協定を締結しました。

 
1985年

韓国・大田広域市大田大学校と姉妹校提携を締結しました。

 
1984年

モンタナ州立大学との1年間の交換教員派遣制度がスタートしました。

 
1983年

外国人留学生のための特別入学試験がスタートしました。

 
1982年

国際的交流の諸事業の積極的かつ実際的推進の機関として、「国際交流委員会」を設置しました。

アメリカ・モンタナ州の大学との間に姉妹校提携を結び、短期派遣留学・学生研修団制度がスタートしました。

 
1976年

職員の海外研修制度を発足させ、以来、職員を海外へ派遣しています。

 
1966年

教員の長期留学制度を発足させ、以来、毎年数名を世界各地の大学、研究機関へ派遣しています。

 
1961年

中南米事情研究所(現「海外事情研究所」)を開設しました。国際的な研究や調査活動を始めました。