新着情報

深圳大学交換教員の邵铁峰(ショウテツホウ)先生による講義が行われました

 12月7日(木)、1241教室で東アジア学科の小笠原 淳准教授の「中国異文化理解Ⅱ」で、深圳大学からの交換教員・铁峰先生による講義がありました。
 
 邵先生は中国深圳大学人文学部哲学科の副教授で、交換教員として2017年9月1日~2018年2月28日の期間、本学に在任しています。中国の宗教哲学が専門の邵先生に、今回は「中国人の宗教生活」のテーマで中国語で講義を行っていただきました。中国の合法的な宗教やその他の民間信仰の紹介から始まり、中国人に強い影響を与えている儒教・儒学の考え方、中国において仏教とプロテスタントが急速に発展しいる現状についてを、宗教人口の統計や分布図を用いて説明がなされました。小笠原先生の通訳のもと、学生たちは、中国における宗教に基づく色々な文化や考え方に触れることができました。
 
IMG_0420 HP用.JPG 
 
IMG_0408 HP用.JPG
  2017/12/08