• コンテンツ
  • 学長就任インタビュー
  • 特集1
  • 特集2
  • ニュース
  • 学部トピックス
  • ALL熊学ニュース
  • 熊学人物伝
  • きらり☆輝く学園大生
  • 学問っておもしろい!
  • 出版・研究発表・研究所だより
  • featured news
  • 大江青葉
  • バックナンバー
  • お問い合わせ
  • アンケート
  • 大学トップページ

キャンパス・ニュースギャラリー

菊池市との域学連携プロジェクト始動
経済学科・境研究室でアプリ開発

 10月3日、経済学部経済学科・境章教授の研究室は、連携協定を結んでいる菊池市の「域学連携プロジェクト」に10月から参加した。域学連携事業は、菊池市が大学等の20団体と推進している地域づくり活動。境研究室では、菊池市がスタートさせたオープンデータ活用で連携し、観光情報を盛り込んだアプリ開発などを進める。また、学生が講師となりパソコンやスマートフォン等の使い方を市民に教えることで地域の情報案内人を養成する「きくち情報案内人講座」を11月から開講する。

サイバー防犯ボランティア
経営学科・堤ゼミの学生に熊本県警察から委嘱状

 8月22日、インターネット上の違法・有害情報のパトロールや、サイバー犯罪被害抑止のための教育活動(中・高校生対象の講話活動)といった「サイバー防犯ボランティア活動」を行う学生に、熊本県警察本部サイバー犯罪対策課から委嘱状が交付された。交付式には、商学部経営学科の堤豊教授が指導するゼミ生19名が参加。リーダーの塩井勇太郎さん(4年)が決意表明を行った。啓発ポスター・チラシの作成や地域のイベント等での広報活動の展開など、活動の幅が広がることが期待される。

  • 韓国・大田大学校学生会代表団
    22名が来学

     8月27日、姉妹提携を結ぶ両校が1995年から続けている相互交流で、本学の学生自治会23名と教職員が出迎えた。滞在中は西合志研修所に宿泊し、阿蘇山や熊本城の観光、商業施設の見学を体験した。

  • 平成26年度「肥後創成塾」開講
    若手経営者ら3期生11名が受講

     9月6日、本学と熊本市が共催し、次世代の熊本を担う人材・経営者の育成支援を行う。大学教員、経営者などの講師陣のほか、中小企業診断士による対話型の実践セミナーで経営的資質の向上を目指す。

  • 学生自治会応援団 創団50周年
    OB迎え記念演武会

     9月20日、高橋守雄記念ホールで催された『創団50周年記念現役・OB演武会』に、出演者を含む約130名が参加。全国から駆けつけたOB団員も華麗な演武を披露。他大学の友情出演も花を添えた。

  • 社会福祉研究所平成26年度第2回研究会
    「それぞれの老い支度」について考える

     9月20日、「在宅ホスピス・ボランティア活動の取り組み」がテーマのシンポジウムに、医療関係者や地域住民など105名が参加。ボランティア活動、地域の取り組みについての報告に熱心に耳を傾けた。

  • 「講座熊本Ⅱ」が今年もスタート
    地域で活躍・貢献できる
    人材育成を

     9日24日、熊本を中心に活躍中の各界リーダーを迎え、生きた熊本の経済、社会について知識を深める本講座。2年目の今年は、128名が受講。社会貢献として、一般社会人にも講義を公開する。

  • 長崎県立大学経済学部生が
    本学フェアトレードカフェを訪問

     9月24日、長崎県立大学「やるばいプロジェクト」の一環で、学内にフェアトレードカフェ設立を目指す同大の学生8名が、先行する本学の学生スタッフと交流。設立から運営までのノウハウを学んだ。

  • 9月期学位記授与式を挙行
    53名が卒業の日迎える

     9月26日、高橋守雄記念ホールで行われた式では、学生歌斉唱のあと、幸田亮一学長が学位記を授与。卒業生・修了生は学部生48名、大学院修士課程2名、専門職学位課程1名、博士後期課程2名。

  • 2年生対象「しごと塾」が
    スタート
    「働く意義」について考える

     10月8日、就職課と熊本県経営者協会が主催し、県内企業の経営者や人事の責任者など第一線で活躍する社会人6名から、「仕事観」や「企業が求める人材」などを学ぶ。随時受講受付中です。

  • オープンキャンパス2014
    学生主体でキャンパスの
    魅力伝える

     7月27日・8月8日・10月11日、今年3回にわたり開催されたオープンキャンパスに高校生や保護者のべ2764人が参加。学部・学科プレゼンや個別相談、施設案内を通して在学生が活躍。キャンパスは大いに賑わった。

  • 学翔学会ディスカッション
    授業環境の向上を目指し討論会

     10月15日、学翔学会を構成するゼミナール推進協議会と学会委員会が、事前に実施したアンケート結果をもとに、より良い授業環境の実現を目的に意見交換。学生・教職員ら約230名が参加した。

  • 社会福祉研究所平成26年度第3回研究会
    生花アレンジメントを通し
    「花セラピー」体験

     10月18日、花セラピストの大泉淳子氏(フルール花の森代表)を迎え、「被災地で花とともに〜花セラピストとしての東日本大震災〜」をテーマに開催。講演後、33名の参加者は実際に「花セラピー」を体験した。

  • 大学コンソーシアム熊本
    インターンシップ成果発表会

     10月19日、大学コンソーシアム熊本主催のインターンシップ成果発表会がANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイで開催され、本学を代表して杉谷和起さん(商学科3年)が体験談を語った。

  • 経済学部がアジアの2大学と
    学部間協定締結

     7月22日・10月22日、経済学部がカンボジアのアンコール大学、ミャンマーのヤンゴン経済大学と学部間協定を締結。学生交流・学術交流を通じ、世界で活躍できる人材の育成を目指す。

  • 生涯学習
    「ひとよし 花まる学園大学」
    中小企業大学校人吉校で
    第3期スタート

     10月25日、本学と包括的連携協定を結ぶ人吉市との連携事業である公開講座。今年は「とことん歴史学」、「終活を考える」、「現代を読み解く」の3講座(各6回)にのべ103名が参加する。

  • 文部科学省SGH事業
    済々黌高等学校で本学教員が講演

     11月4日、将来のグローバル・リーダー育成を目指すスーパーグローバルハイスクール(SGH)に指定された済々黌高等学校で、社会福祉学部の藤本延啓講師・宮北隆志教授が環境をテーマに講演した。

  • リーガルエコノミクス学科
    秋季特別講義
    実務家教員による講義スタート

     11月5日、理論と実務を結び付け、社会で活躍できる人材の育成を目的とする本講義。2年目の今年は熊本県警察本部警務部長の黒川浩一氏と弁理士の山本建氏を迎え、全4回の講義を実施する。

  • ERE(経済学検定試験)で
    全国2位
    経済学部生が好成績

     11月6日、7月に実施されたERE(経済学検定試験)で経済学科3年の坂本竜之介さんが全国2位(Sランク)を獲得。このほかB+以上の成績を修めた学生に、細江守紀経済学部長から記念品が贈呈された。

  • 広報特別番組放送のお知らせ
    学部の特色ある取り組みを紹介

     12月20日放送予定、本学の魅力を伝えるテレビ番組を放送します。是非ご覧ください。
    番組名:ヒロガル未来
        ─地域そして世界へ★
        学生たちの挑戦─(仮)
    放送日時:12月20日(土)15時〜16時
    放送局:RKK熊本放送(地上デジタル3ch)