ニュース

2016ジャパンパラ水泳競技大会で作田祐也さん(水泳部)が優勝

 社会福祉学部ライフ・ウェルネス学科1年の作田祐也さん(水泳部所属)が、7月17日(日)・18(月)に横浜国際プールで行われた「2016ジャパンパラ水泳競技大会」に出場し、200m個人メドレーで優勝、ほか2種目で表彰台に登りました。

 作田さんは、左の手首から先がなく、脳梗塞による右半身麻痺の状態で生まれました。リハビリのため、1歳半から始めた水泳で頭角をあらわし、高校1年生の時にマレーシアで開かれた「アジアユースパラ大会」では4種目に出場。すべての種目で金メダルを獲得しました。
 現在は、熊本県のパラリンピック強化選手に指定を受け、2020年の東京パラリンピック出場を目標に練習に励んでいます。

 「ジャパンパラ水泳競技大会」は、 国内最高峰のしょうがい者水泳競技大会。今大会で作田さんは、200m個人メドレー優勝、50mバタフライ2位、50m自由形2位の結果を残しました。惜しくも自己ベスト更新には届かず、作田さん自身は結果に満足していないと言います。「正直、全部の種目で金メダルを獲りたかった。以前は勝てていた選手とのタイムの差が小さくなっている。もっと練習して速くなりたい」と意欲を滲ませました。

 作田さんは、この春から学生寮に入寮し、練習の拠点も地元・天草から大学プールとスポーツクラブ・ルネサンス内プールに移しました。それまで、週6日の練習で決められたメニューをこなしていた生活が一変。練習メニューから自分で決めてこなさなければならなくなりました。それでも、週4日から5日は4,000mほどを泳ぎ込みます。効率良く練習量を補うため「今後は水泳部の顧問の先生に相談しながらメニューを組み、練習量を安定させていきたい」と話します。

 次の目標は11月に行われる日本身体障害者水泳選手権大会で結果を残すこと。来年開催予定のアジアユースパラ大会も視野に入れています。
そして、視線の先には4年後の東京パラリンピックも。今後の活躍に期待が高まります。

大学   2016/07/20   広報室

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

学生広報スタッフがクマガクの魅力や最新情報をお届けします

KUMAGAKUスポーツ

KUMAGAKUスポーツ

熊本学園大学のスポーツに関する情報を更新しています。クマガク生の活躍をぜひご覧ください!!

公式YouTubeチャンネル

公式YouTubeチャンネル

大学の様子やオープンキャンパス、在学生の活躍などを動画で紹介しています

福祉で活躍するセンパイの想い

福祉で活躍するセンパイの想い

将来の福祉を担う人材の育成をめざす「福祉系大学経営者協議会」に加盟しています

大学コンソーシアム熊本

大学コンソーシアム熊本

産学官連携により地域社会の発展、熊本の教育環境の向上をめざして活動しています

在学生・卒業生メッセージ
クマガク インタラクティブムービー
クマガク学生広報スタッフ公式SNS

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

学生広報スタッフがクマガクの魅力や最新情報をお届けします

KUMAGAKUスポーツ

KUMAGAKUスポーツ

熊本学園大学のスポーツに関する情報を更新しています。クマガク生の活躍をぜひご覧ください!!

公式YouTubeチャンネル

公式YouTubeチャンネル

大学の様子やオープンキャンパス、在学生の活躍などを動画で紹介しています

福祉で活躍するセンパイの想い

福祉で活躍するセンパイの想い

将来の福祉を担う人材の育成をめざす「福祉系大学経営者協議会」に加盟しています

大学コンソーシアム熊本

大学コンソーシアム熊本

産学官連携により地域社会の発展、熊本の教育環境の向上をめざして活動しています

在学生・卒業生メッセージ クマガク インタラクティブムービー