ニュース

託麻原校区「認知症の徘徊者への声かけ訓練」に社会福祉学部生が参加

image20120322161627.jpg  3月18日、託麻原小学校区で行われた「認知症で徘徊している人への声かけ訓練」に、社会福祉学部の黒木邦弘ゼミの受講生およびボランティアサークル「あすなろう」から学生18名、教員2名が参加した。
 同訓練は、認知症状による徘徊者が行方不明になることを未然に防ごうと、同校区の社会福祉協議会が呼びかけ、地域住民ら約300名が参加。話しかけるタイミングや口調、徘徊者が警戒するような単語を使わない、などの事前講習の後、校区内に散らばった徘徊役の運営スタッフへの声かけ訓練が行われた。
 黒木ゼミとサークルの学生は、昨年11月以降、月1回開かれた同協議会の会議に参加し、訓練実施の準備にあたった。18日はスタッフや捜索者として訓練にも加わった。
 捜索役として参加した黒木ゼミの森田真以さん、渡辺美矩さん(いずれも第一部社会福祉学科3年)は、「徘徊者への話し方や案内の仕方など、訓練に参加することで更に理解が深まったと思う。学生が地域とより深くかかわるきっかけになるのでは」と話した。運営側の熊本市中央4地域包括支援センターやすらぎの森センター長の那須 久史氏は「高等教育機関が地域に果たす役割が今後ますます重要になります。今回のような事業に、大学生が企画の段階から参加することは、高齢者と若者が触れ合う意味で大きな意義があります」と地域が期待する大学の関わり方を話した。
image220120322161627.jpg
image320120322161627.jpg
image420120322161627.jpg
image520120322161627.jpg
学部   2012/03/22   広報室

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

学生広報スタッフがクマガクの魅力や最新情報をお届けします

わたしたちの

わたしたちの"やるじゃん、じぶん。"

在学生4名が語る"やるじゃん、じぶん。"エピソード

クラブサークル速報

クラブサークル速報

熊本学園大学の体育系サークルの大会情報を更新しています。クマガク生の活躍をぜひご覧ください!

熊学バーチャルツアー

熊学バーチャルツアー

キャンパスの施設や風景をパノラマビューでリアルに体感できます!

公式YouTubeチャンネル

公式YouTubeチャンネル

大学の様子やオープンキャンパス、在学生の活躍などを動画で紹介しています

学長メッセージ

学長メッセージ

幸田亮一学長よりホームページをご覧の皆さまへのメッセージです

福祉で活躍するセンパイの想い

福祉で活躍するセンパイの想い

将来の福祉を担う人材の育成をめざす「福祉系大学経営者協議会」に加盟しています

大学コンソーシアム熊本

大学コンソーシアム熊本

産学官連携により地域社会の発展、熊本の教育環境の向上をめざして活動しています

在学生・卒業生メッセージ
熊本学園大学(クマガク)2020受験生応援サイト