外国語学部概要

国際人への扉を開く外国語学部。

外国語と関連分野の学びを通じて、国際的視野と知性を養い、国際社会で活躍できる人材を育成する所が、外国語学部です。外国語でのコミュニケーション力と異文化理解力を育てることで、異文化社会での適応能力や問題解決力を高めます。外国語学部であなたの未来への扉を開きましょう。

アドミッション・ポリシー

  1. 確かな基礎学力と、良い学習習慣を持っている人
  2. 英語・中国語・韓国語と、その背景となる文化や歴史など、関連領域を学ぶことに関心があり、自ら意欲的に学ぼうとする人
  3. 日本語とその背景となる文化や歴史など、関連領域を学ぶことに関心があり、かつ、その知識を外国の人に伝えることに関心がある人
  4. 幅広い教養を身につけ、専攻した外国語を使って、地域や世界で社会に貢献したい人

カリキュラム・ポリシー

熊本学園大学外国語学部は、学部の教育理念と目的を達成するために、下記の方針に基づき教育課程を編成するものとします。

  1. 専門分野では言語、文化と社会、コミュニケーション、日本研究に関する内容を、教養教育では人文・社会・自然・健康の諸科学に関する内容を、また、多言語多分化に対する理解とコミュニケーション力の育成のために初修外国語群を配置する。
  2. 専門分野と関連領域に関する知識を広げ、課題を探求する中で養われる、分析力や考察力、また表現力を高めることで、深化した理解力やコミュニケーション力を身につけるために、専門演習と卒業研究を設ける。
  3. 専攻言語と、それが使用される社会と文化に対する理解を深め、幅広い教養と多言語・多分化の知識を含めた異文化適応力と問題解決力を養うために、海外研修、海外インターンシップ、海外留学制度を設ける。
  4. 他の専門分野も含めた幅広い学びにより、卒業後に社会で活躍できる道を広げるとともに、日本語・日本文化の発信者の育成も実現するために、副専攻制度と日本語教員養成課程を設ける。

ディプロマ・ポリシー

外国語学部では、各学科の教育課程において、所定の卒業要件を満たす人は、下記に掲げる専門知識・教養・能力を身につけていると判断し、学位(文学士)を授与する方針です。

  1. 専攻言語の知識と、その背景となる文化や歴史などの知識を有していること。
  2. 専攻言語による優れた理解力とコミュニケーション力を有していること。
  3. 幅広い教養と多言語・多分化の知識に基づく、異文化適応力と問題解決力を有していること。
  4. 日本語や日本文化に関する知識を有していること。

学びのキーワード

  • 世界と語る

    専攻外国語の基礎と応用を学び、外国の人と意思疎通する術を身につけます。

  • 世界を理解する

    言語・文学・文化・歴史などの科目と海外研修で外国理解の目を養います。

  • 世界で働く

    豊富な留学と海外研修の機会や進路に応じた課外講座などで、世界で働く力を養います。

外国語学部の特徴

  • Focus 1

    可能性を開く教育力

    外国語学部の強みは、あなたの可能性を開く教育力です。習熟度に応じた外国語指導、多言語学習のチャンス、豊富な海外研修と留学の機会、教員と大学院生による個人指導、イングリッシュラウンジなどの学習支援環境の中で、あなたの可能性が開かれます。

  • Focus 2

    成果を生み出す教育力

    外国語学部での学びには、その成果を生み出す教育力があります。それは、TOEICや英検、韓国語と中国語の検定試験において高い得点や級を取得する学生の多さや、全国レベルのスピーチコンテストで入賞するなどの実績によく現れています。

  • Focus 3

    未来に結実する教育力

    外国語学部の教育力は、皆さんの未来に結実します。毎年多数の学生が航空業界(客室乗務員・地上職員)に合格し、また、教員、ホテル、銀行、旅行業など多彩な職場に進んでいます。その他、大学院への進学や海外の職場に就職する学生もいます。

学科紹介

英米学科

国際人として活躍できる幅広い知識と確かな英語力。
それが生み出す優れたコミュニケーション能力で世界へと羽ばたく。

経験豊かな教授陣と充実した海外留学・海外研修プログラム。
世界のあらゆる分野で活用されている英語をさまざまな視点から学び、国際コミュニケーション力、国際理解力、国際活動力を身につけた人材を育てます。

  • POINT#01

    国際コミュニケーション力の育成

    4年間の学習を通して、国際コミュニケーションに必要な英語の基礎力・応用力をしっかり習得できます。「話す」「聞く」「読む」「書く」の4技能科目については、学生一人ひとりの学習到達度に応じて、レベル別の授業を受けることが可能です。また、インターネットを使って自宅からでも学べる環境を完備しています。

  • POINT#02

    国際理解力の育成

    大学の交換留学制度に加えて、英米学科では、アメリカやニュージーランドで約1ヵ月間ホームステイをしながら英語力を磨く夏の「海外研修」、また、カナダに約3ヵ月間ホームステイと大学付属語学学校で学ぶ「長期海外研修」、そこで一定の成績を修めた人にはさらに約1ヵ月半現地の企業で職業体験を行える「海外インターンシップ」という単位交換プログラムも提供しています。

  • POINT#03

    国際活動力の育成

    英米文学、英語学、外国語習得論、コミュニケーション学などを中心に、皆さんの興味や将来の進路に合わせて専門分野をしっかりと探求できます。また、通常のカリキュラム以外に、TOEIC®対策講座、キャビンアテンダントや旅行業務を目指す学生のための支援講座など、国際活動力を磨く多彩な講座が用意されています。

取得できる免許・資格

高等学校教諭一種免許状(英語)/中学校教諭一種免許状(英語)/司書/司書教諭/社会福祉主事(任用資格)/レクリエーション・インストラクター/初級障害者スポーツ指導員/ダンスムーブメント指導員(受験資格)/日本語教員養成課程修了証書

東アジア学科

熊本で出会える本物の「韓国」 と「中国」 がある。
圧倒的な「少人数」 教育体制で「東アジアを学びつくす」 。

学園大の前身「東洋語学専門学校」に起源を持つ「伝統の東アジア学科」。海を越えてやってくる「多文化共生社会」に備えるコミュニケーション能力を育てます。これまで知らなかった「韓国」や「中国」に触れる充実のカリキュラム。

  • POINT#01

    夢は「韓国語」と「中国語」の二刀流

    駅の案内表示を見てもわかるように、今や、韓国語、中国語は日本国内に居ても使う機会が増えており、観光で九州を訪れた東アジアの人々に韓国語や中国語で「おもてなし」をする時代が来ています。学園大の東アジア学科、通称「東(ひが)アジ」は東アジアの玄関口、九州で韓国語と中国語が学べる「希少価値」のある学科です。

  • POINT#02

    学生一人ひとりの顔が見える「少人数」教育

    入学定員50名に対して教員9名という国公立大学に勝るとも劣らない少人数教育体制を実現。学生一人ひとりの個性を踏まえて長所を確実に伸ばすきめ細かな指導が可能となっています。少人数で行われる語学の授業やゼミなどを通して教員と学生たちの間には自ずと一生ものとなる「東(ひが)アジの絆」が生まれます。

  • POINT#03

    熊本と東アジアをつなぐ
    「フィールドワーク」

    「百聞は一見に如かず!」授業科目の「海外研修」や本学の派遣留学制度を利用して、東アジア学科では毎年多くの学生が、本物の韓国・中国を自らの肌で体感しています。また、教室の中だけで完結してしまいがちな語学学習に地域社会との接点を見出すことによって、社会に出てからの「使える外国語」の習得を目指しています。

取得できる免許・資格

高等学校教諭一種免許状(韓国語・中国語)/司書/司書教諭/社会福祉主事(任用資格)/レクリエーション・インストラクター/初級障害者スポーツ指導員/ダンスムーブメント指導員(受験資格)/日本語教員養成課程修了証書