ニュース

大学コンソーシアム熊本「インターンシップ成果発表会」で学生が報告しました

 一般社団法人大学コンソーシアム熊本が主催する令和元年度の「インターンシップ成果発表会」が10月12日(土)、熊本市のメルパルク熊本で開催され、インターンシップに参加した熊本県内学生、受入企業・団体、大学関係者ら約150名が出席しました。

 本インターンシップは、学生が企業や団体等での就業体験を通して、地域経済や企業活動への理解を深めるとともに、職業適性や将来設計を考える機会を得ることで、主体的な職業選択や高い職業意識を育成することを目的に実施されているもの。学生と受入先とのマッチングを経て、今年8月から9月に行われた夏季インターンシップでは、177名の学生が研修を行い、うち本学からは18名が参加しました。

 成果発表会は本学の加納和枝就職課係長が司会を務め、第一部ではインターンシップを経験した学生が7~8名程度のグループに分かれ、それぞれの実習を振り返り、参加した目的や習得したこと、今後の就職活動にどういかしていくかを発表しあい、意見交換を行いました。

 第二部では、7大学から代表者が1名ずつ登壇し、実習を通して学んだことや、現場で得た新たな“気づき”について報告。本学からは、日本赤十字熊本健康管理センターでインターンシップを行った山下美紀さん(経済学部リーガルエコノミクス学科3年)が発表しました。山下さんは冒頭、韓国語で挨拶し、大学からはじめたテコンドーで全日本大会優勝の経験があることを加えて自己紹介。研修先の日本赤十字熊本健康管理センターで体験した各部署で実践されている業務上の工夫などに触れ、「マニュアル通りではなく、受診者の身になって、一人ひとりの状況にあった対応ができるよう心がけた」と話しました。また、今後は「慣れた環境に身を置くのではなく、自身の枠から一歩飛び出して積極的に行動し、さまざまな世代の人とコミュニケーションポイントを増やしていきたい」と抱負を述べました。

 各大学代表者の発表後は、受入企業と大学コンソーシアム熊本から講評があり、社会人になるにあたっての心構えや激励の言葉が贈られ閉会しました。

交流   2019/10/18   広報室

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

学生広報スタッフがクマガクの魅力や最新情報をお届けします

わたしたちの

わたしたちの"やるじゃん、じぶん。"

在学生4名が語る"やるじゃん、じぶん。"エピソード

クラブサークル速報

クラブサークル速報

熊本学園大学の体育系サークルの大会情報を更新しています。クマガク生の活躍をぜひご覧ください!

熊学バーチャルツアー

熊学バーチャルツアー

キャンパスの施設や風景をパノラマビューでリアルに体感できます!

公式YouTubeチャンネル

公式YouTubeチャンネル

大学の様子やオープンキャンパス、在学生の活躍などを動画で紹介しています

学長メッセージ

学長メッセージ

幸田亮一学長よりホームページをご覧の皆さまへのメッセージです

福祉で活躍するセンパイの想い

福祉で活躍するセンパイの想い

将来の福祉を担う人材の育成をめざす「福祉系大学経営者協議会」に加盟しています

大学コンソーシアム熊本

大学コンソーシアム熊本

産学官連携により地域社会の発展、熊本の教育環境の向上をめざして活動しています

在学生・卒業生メッセージ
熊本学園大学(クマガク)2020受験生応援サイト