ニュース

会計専門職コースの学生が熊本市主催「公共施設マネジメントワークショップ」に参加

 商学部商学科会計専門職コースの学生が、これからの公共施設のあり方について市民と一緒に考える「公共施設マネジメントワークショップ」に参加しました。

これは、熊本市財政局財務部資産マネジメント課が主催するもので、市の公共施設の現状や課題、各区のまちづくりの方針を共有し、「持続可能なまちづくり」を公共施設のあり方から地域住民とともに議論することを目的として各区(5箇所)で開催するもの。本学からは、11月15日(金)開催の南区(富合公民館)に18名、11月27日(水)開催の中央区(本学14号館1422教室)に19名、計37名が参加しました。

 ワークショップでは、参加者がグループに分かれ、市長やPTA役員などの役になりきって「公共マネジメントゲーム(ボードゲーム)」を使いながら議論。少子高齢化や税収減といった課題を踏まえ、公共施設の新設、廃止、複合化について意見を出し合いながら、15年後、30年後の計画を考えてグループごとに発表しました。

 市長役を担当した早田知生さん(商学科2年)は「与えられた予算を残しながら公共施設の配置を考えた時、15年後は主に福祉センターを新設する計画を立てた。しかし30年後を考えた時は、さらに増加した高齢者と施設のバランスなどの調整が難しかった」と振り返りました。

 最後に、会計専門職研究科の角田幸太郎准教授が「学生の皆さんは企業会計について勉強していますが、株式会社などの企業と違い、公会計では単にコストを削減するのではなく、住民の満足度を高めることも考えなければいけないので難しい。この機会に公会計にも興味をもって、いろいろ勉強してください」と話しました。

南区(富合公民館)に参加した総勢29名

中央区(本学14号館1422教室)に参加した総勢31名

学部   2019/11/29   広報室

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

学生広報スタッフがクマガクの魅力や最新情報をお届けします

わたしたちの

わたしたちの"やるじゃん、じぶん。"

在学生4名が語る"やるじゃん、じぶん。"エピソード

クラブサークル速報

クラブサークル速報

熊本学園大学の体育系サークルの大会情報を更新しています。クマガク生の活躍をぜひご覧ください!

熊学バーチャルツアー

熊学バーチャルツアー

キャンパスの施設や風景をパノラマビューでリアルに体感できます!

公式YouTubeチャンネル

公式YouTubeチャンネル

大学の様子やオープンキャンパス、在学生の活躍などを動画で紹介しています

学長メッセージ

学長メッセージ

幸田亮一学長よりホームページをご覧の皆さまへのメッセージです

福祉で活躍するセンパイの想い

福祉で活躍するセンパイの想い

将来の福祉を担う人材の育成をめざす「福祉系大学経営者協議会」に加盟しています

大学コンソーシアム熊本

大学コンソーシアム熊本

産学官連携により地域社会の発展、熊本の教育環境の向上をめざして活動しています

在学生・卒業生メッセージ
熊本学園大学(クマガク)2020受験生応援サイト