ニュース

社会福祉学科 仁科ゼミが見守り支援ロボットの活用を考える意見交換会を実施

 1月23日(木)、みまもりコミュニケーションロボット“タピアプレス”の開発・販売を手掛ける熊日都市圏販売株式会社の呼びかけで、社会福祉学科の仁科伸子教授(専門:社会福祉学)とゼミ生13名が、ロボットの活用を考える意見交換会を113C教室で行いました。
 
 タピアプレスは、主に①コミュニケーション機能②生活サポート機能③あんしんサポート機能を持つロボットで、離れている家族をつなぐ見守りツールとして開発・販売されています。今回は、社会福祉を学ぶ学生が実物のロボットに触れ、「高齢化社会においてどのような場面で使うことができるのか」「システムで改善できる点はないのか」といった視点から意見を述べました。

 3グループに分かれた学生たちはタピアプレスに積極的に触れ、使用感を確認。サポート機能の一つには、「助けてタピア」と呼びかければ登録したみまもりユーザーに繰り返しビデオ通話を発信するものもあり、学生からは「教室のようなにぎやかな場所では、ロボットが誤って反応してしまう」「何かあったときにすぐに様子が伝えられたり、人と話す機会になって良い」などの率直な意見があがりました。

 また、使用後のアンケートでは、「高齢者だけでなく、共働きの家庭などの子どもの見守りにも活用が期待でききる」といった感想もありました。

 学生の意見は今後のロボットのアップデートの参考として活用される予定です。

交流   2020/01/30   広報室

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

学生広報スタッフがクマガクの魅力や最新情報をお届けします

KUMAGAKUスポーツ

KUMAGAKUスポーツ

熊本学園大学のスポーツに関する情報を更新しています。クマガク生の活躍をぜひご覧ください!!

公式YouTubeチャンネル

公式YouTubeチャンネル

大学の様子やオープンキャンパス、在学生の活躍などを動画で紹介しています

福祉で活躍するセンパイの想い

福祉で活躍するセンパイの想い

将来の福祉を担う人材の育成をめざす「福祉系大学経営者協議会」に加盟しています

大学コンソーシアム熊本

大学コンソーシアム熊本

産学官連携により地域社会の発展、熊本の教育環境の向上をめざして活動しています

在学生・卒業生メッセージ
クマガク インタラクティブムービー
クマガク学生広報スタッフ公式SNS

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

学生広報スタッフがクマガクの魅力や最新情報をお届けします

KUMAGAKUスポーツ

KUMAGAKUスポーツ

熊本学園大学のスポーツに関する情報を更新しています。クマガク生の活躍をぜひご覧ください!!

公式YouTubeチャンネル

公式YouTubeチャンネル

大学の様子やオープンキャンパス、在学生の活躍などを動画で紹介しています

福祉で活躍するセンパイの想い

福祉で活躍するセンパイの想い

将来の福祉を担う人材の育成をめざす「福祉系大学経営者協議会」に加盟しています

大学コンソーシアム熊本

大学コンソーシアム熊本

産学官連携により地域社会の発展、熊本の教育環境の向上をめざして活動しています

在学生・卒業生メッセージ クマガク インタラクティブムービー