ニュース

「次代舎(第4期)」で商学部の伊津野範博教授が講義を行いました

 10月11日(月)、14号館1411教室で、本学産業経営研究所と株式会社リ・パブリックが企画運営する熊本イノベーションスクール「次代舎」(主催:熊本県)の第10回セッションの講義が行われました。

 今回は、本学商学部の伊津野範博教授(専門:交通論、物流論)による「サプライチェーン・マネジメント」の講義が行われ、会場出席者とオンライン参加者合わせて11名が受講しました。

 伊津野教授は、「少子高齢化による労働者不足に加え、コロナ禍による巣ごもり需要で宅配便市場が増加し、トラックドライバー不足が深刻化している。また、輸送費の値上げにより、物流事業者の収支環境は好転したが、荷主企業へコストが転嫁されている」と、サプライチェーン(供給連鎖)を取り巻くさまざまな環境の変化について説明。

 続けて、物流にかかわるコンセプトの変化として、物流管理としては最も遅れた段階の「受身型物流」、在庫の配置と補充をコントロールする「物流システム」、実需に合わせて生産、仕入れを同期化し、適正在庫を維持する「ロジスティクス※」、今回の講義タイトルでもある、メーカーから消費者までの動きに着目して、チェーン全体の効率化をはかる「サプライチェーン・マネジメント」について解説。「『サプライチェーン・マネジメント』に到達するには、『ロジスティクス・マネジメント』が確立していなければならない」とし、その領域である①物流サービス(物流活動の付加価値)②物流コスト(物流効率の尺度)③在庫(適正量の維持、管理)④物流ネットワーク(物を動かすための仕組み)⑤物流作業生産性(効率的な運営管理)について具体的に説明しました。物流コスト管理では、作業(活動)の実態をコストに表すことを目的とする、物流ABC(Activity‐Based Costing:活動基準原価計算)の問題が、物流作業生産性では、物流データから作業人員を算出する問題が提示され、受講者は演習問題に熱心に取り組みました。

 伊津野教授は10月25日(月)に2回目の講義を行います。

※ロジスティクスとは、もともと軍事用語の「兵站」を意味するもの。これをビジネス用語として転用。市場の販売動向に生産や仕入れの量を同期化することで、ムダな調達、生産、仕入れを排除し、適正な在庫量の維持が可能となる。

地域   2021/10/14   広報室

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

学生広報スタッフがクマガクの魅力や最新情報をお届けします

KUMAGAKUスポーツ

KUMAGAKUスポーツ

熊本学園大学のスポーツに関する情報を更新しています。クマガク生の活躍をぜひご覧ください!!

公式YouTubeチャンネル

公式YouTubeチャンネル

大学の様子やオープンキャンパス、在学生の活躍などを動画で紹介しています

福祉で活躍するセンパイの想い

福祉で活躍するセンパイの想い

将来の福祉を担う人材の育成をめざす「福祉系大学経営者協議会」に加盟しています

大学コンソーシアム熊本

大学コンソーシアム熊本

産学官連携により地域社会の発展、熊本の教育環境の向上をめざして活動しています

在学生・卒業生メッセージ
クマガク インタラクティブムービー
クマガク学生広報スタッフ公式SNS

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

学生広報スタッフがクマガクの魅力や最新情報をお届けします

KUMAGAKUスポーツ

KUMAGAKUスポーツ

熊本学園大学のスポーツに関する情報を更新しています。クマガク生の活躍をぜひご覧ください!!

公式YouTubeチャンネル

公式YouTubeチャンネル

大学の様子やオープンキャンパス、在学生の活躍などを動画で紹介しています

福祉で活躍するセンパイの想い

福祉で活躍するセンパイの想い

将来の福祉を担う人材の育成をめざす「福祉系大学経営者協議会」に加盟しています

大学コンソーシアム熊本

大学コンソーシアム熊本

産学官連携により地域社会の発展、熊本の教育環境の向上をめざして活動しています

在学生・卒業生メッセージ クマガク インタラクティブムービー