ニュース

第10回東アジア共生映画祭がオンラインで開催されました

 10月7日(木)から9日(土)の3日間、映画を通じて東アジアの共生と共存を考える第10回東アジア共生映画祭がオンラインで開催され、のべ615名が参加しました。同映画祭は、東アジア学科 申明直教授(専門:韓国文学・文化)が代表を務める東アジア共生映画祭実行委員会が主催するもの。10 回目となる今回は、映画「僕の帰る場所」と「#SaveMyanmar」の期間限定での配信と、オンラインイベント「シネマトーク」を実施しました。

 10 月9日(土)にWeb会議ツール(Zoom)で行われたシネマトークには、「僕の帰る場所」監督の藤元明緒氏、「#SaveMyanmar」プロデューサーのキム・ヨンミ氏、在日ミャンマー難民でNPOミャンマー日本教育のかけはし協会代表のチョーチョーソー氏が登壇。申教授が司会を、東アジア学科の金美連特任准教授と黒島規史講師が通訳を務め、「ミャンマー民主化、そして難民」をテーマに、登壇者の考えや想いが語られました。

 難民認定を受けられず不安な日々を送るミャンマー難民家族の物語を描いた映画「僕の帰る場所」監督の藤元氏は、「実在の難民家族と出会ったことが制作のきっかけ。難民問題の解決には『外国人』という枠で考えずに、心の距離を近づけ、温かいコミュニティを構築することが重要」と述べました。チョーチョーソー氏は「一緒に暮らす“人間”という視点で考えることが本当の意味での“多文化共生”である」とグローバル市民に必要な心構えについて話しました。キム・ヨンミ氏は、取材を通して見たミャンマーの現状や、韓国で広がる難民への支援活動を紹介。「難民支援への理解を深めるためにも、今何が起こっているのかを情報発信していく」と今後の展望について話しました。

 最後に申教授が「一番大事なことは正しい情報を手に入れること。この映画祭が何かのきっかけの場になることを願う」と語りかけ、映画祭は幕を閉じました。

藤元明緒監督

キム・ヨンミプロデューサー

チョーチョーソーNPO代表

交流   2021/10/18   広報室

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

学生広報スタッフがクマガクの魅力や最新情報をお届けします

KUMAGAKUスポーツ

KUMAGAKUスポーツ

熊本学園大学のスポーツに関する情報を更新しています。クマガク生の活躍をぜひご覧ください!!

公式YouTubeチャンネル

公式YouTubeチャンネル

大学の様子やオープンキャンパス、在学生の活躍などを動画で紹介しています

福祉で活躍するセンパイの想い

福祉で活躍するセンパイの想い

将来の福祉を担う人材の育成をめざす「福祉系大学経営者協議会」に加盟しています

大学コンソーシアム熊本

大学コンソーシアム熊本

産学官連携により地域社会の発展、熊本の教育環境の向上をめざして活動しています

在学生・卒業生メッセージ
クマガク インタラクティブムービー
クマガク学生広報スタッフ公式SNS

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

学生広報スタッフがクマガクの魅力や最新情報をお届けします

KUMAGAKUスポーツ

KUMAGAKUスポーツ

熊本学園大学のスポーツに関する情報を更新しています。クマガク生の活躍をぜひご覧ください!!

公式YouTubeチャンネル

公式YouTubeチャンネル

大学の様子やオープンキャンパス、在学生の活躍などを動画で紹介しています

福祉で活躍するセンパイの想い

福祉で活躍するセンパイの想い

将来の福祉を担う人材の育成をめざす「福祉系大学経営者協議会」に加盟しています

大学コンソーシアム熊本

大学コンソーシアム熊本

産学官連携により地域社会の発展、熊本の教育環境の向上をめざして活動しています

在学生・卒業生メッセージ クマガク インタラクティブムービー