ニュース

フェアトレードシティ熊本10周年事業「フェアトレード国際フォーラム2021 inくまもと」で本学学生・教員が登壇

 熊本市とフェアトレードシティくまもと10周年実行委員会が主催する「フェアトレード国際フォーラム2021 inくまもと」が11月13日(土)、熊本市国際交流会館(熊本市中央区)で開催され、本学フェアトレード研究会委員長の山田菜央さん(英米学科3年)と申明直外国語学部教授が登壇しました。

 同フォーラムは、熊本市のフェアトレードシティ認定10周年を記念して開催されたもので、企業や市民によるフェアトレードの活動報告、教育現場におけるさまざまな取り組みの発表、学生が企画したファッションショーなどが行われました。

 活動報告会は、①フェアトレードタウンの課題と展望、②教育におけるフェアトレード活性化、③地域活性化・SDGsとフェアトレード、④市民と企業によるフェアトレード活動活性化の4つのテーマで行われました。教育におけるフェアトレード活性化をテーマに登壇した山田さんは、「熊本学園大学フェアトレード研究会の歩みと夢」と題し、カフェ運営や、独自に開発したコーヒー、東アジア市民共生映画祭、コロナ禍での取り組みなどを紹介。今後の活動について「企業と共同して商品開発などに挑戦したい」と意欲を語りました。また、地域活性化・SDGsとフェアトレードをテーマにした会で司会を務めた申明直教授は「フェアトレードタウンを立ち上げることよりも、それを維持することが難しいという議論になった。行政の活動にフェアトレードコーディネーターを取り入れるなどして持続可能なフェアトレードタウンになるために力を尽くす必要がある」とまとめました。

 最後に「フェアトレードくまもと2021宣言」が行われ、大西一史市長が「地球規模の課題にまちぐるみで取り組んでいる都市として、取り組みを広く発信し、世界の人々や社会に貢献することを誓います」と宣言し、閉会しました。

 翌日14日(日)には、記念事業の一環として「くまもとフェアトレードマルシェ」がびぷれす広場(熊本市中央区)で行われ、フェアトレード研究会が試飲会やオリジナルマイボトル販売、難民支援の古着回収、特設ステージでの活動報告を行いました。

地域   2021/11/26   広報室

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

学生広報スタッフがクマガクの魅力や最新情報をお届けします

KUMAGAKUスポーツ

KUMAGAKUスポーツ

熊本学園大学のスポーツに関する情報を更新しています。クマガク生の活躍をぜひご覧ください!!

公式YouTubeチャンネル

公式YouTubeチャンネル

大学の様子やオープンキャンパス、在学生の活躍などを動画で紹介しています

福祉で活躍するセンパイの想い

福祉で活躍するセンパイの想い

将来の福祉を担う人材の育成をめざす「福祉系大学経営者協議会」に加盟しています

大学コンソーシアム熊本

大学コンソーシアム熊本

産学官連携により地域社会の発展、熊本の教育環境の向上をめざして活動しています

在学生・卒業生メッセージ
クマガク インタラクティブムービー
クマガク学生広報スタッフ公式SNS

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

学生広報スタッフがクマガクの魅力や最新情報をお届けします

KUMAGAKUスポーツ

KUMAGAKUスポーツ

熊本学園大学のスポーツに関する情報を更新しています。クマガク生の活躍をぜひご覧ください!!

公式YouTubeチャンネル

公式YouTubeチャンネル

大学の様子やオープンキャンパス、在学生の活躍などを動画で紹介しています

福祉で活躍するセンパイの想い

福祉で活躍するセンパイの想い

将来の福祉を担う人材の育成をめざす「福祉系大学経営者協議会」に加盟しています

大学コンソーシアム熊本

大学コンソーシアム熊本

産学官連携により地域社会の発展、熊本の教育環境の向上をめざして活動しています

在学生・卒業生メッセージ クマガク インタラクティブムービー