ニュース

商学部 池上・足立・嶋田ゼミの産学連携プロジェクトに向けて“SDGsへの理解を深める”ワークショップを実施

 商学科 池上恭子教授(専門:財務管理論)、足立裕介准教授(専門:中小企業論)とホスピタリティ・マネジメント学科 嶋田文広講師(専門:キャリアデザイン)のゼミでは、熊本商工会議所と協同で、県内企業のSDGs経営※推進を図る産学連携プロジェクトに取り組んでいます。このプロジェクトは、学生ならではの課題発見力や柔軟な発想をいかして、熊本商工会議所会員企業のSDGs経営の有効事例創出につなげることを目的としています。2022年度の本格始動に向けて、12月8日(水)、133教室でボードゲームを用いてSDGsについて考えるワークショップを行い、学生26名が参加しました。

 はじめに、同ボードゲーム公認ファシリテーターの資格を持つ嶋田講師がSDGs誕生の背景や内容を説明。SDGsに取り組むうえで「目の前の課題だけでなく、広く深く『社会・経済・環境』の調和を考えて、“誰か” ではなく “誰もが” 行動・協力することが必要」と話しました。

 その後、グループごとにボードゲーム「Sustainable World BOARDGAME」を実践。これは、環境・社会・経済に関するミッションに取り組み、SDGsに関する世界の課題解決事例を学びながら「SDGs(17のゴール)の達成」と「自己成長」をめざすもの。ミッションに取り組むなかで、経済のスコアが上がると同時に環境のスコアが下がるといった“トレードオフ(何かを選ぶ際に他の何かを犠牲にする)”など現実世界と同じ出来事が発生します。学生たちは達成期限2030年(ゲームでは50分)という限られた時間のなかで、グループのメンバーと声をかけあって積極的にゲームに臨みました。

 ゲーム後には、嶋田講師が世界や日本が抱える問題・課題と「SDGsの17のゴール」がどう関わっているのか、SDGsの本質について解説。「まずは“世界はつながっている”ことを知ること。そして、当事者意識をもって“楽しく”“みんなで”未来のことを考えて行動しよう」と語りました。

 学生からは、「ゲームに取り組んでみて『SDGsの17のゴール』の目標値を均等に上げることが難しかった。すべてが“つながっている”ということを実感した」「ゲームでは順調に進んだが、現実はどうなのかと不安になった」などの声があがりました。

 

※SDGs経営…CSR(企業の社会的責任)ではなく、企業の事業活動を通じて社会的な課題を解決し、「社会価値」と「企業価値」を両立させようとするCSV(共有価値創造)という考え方を核に、”SDGs(国連の持続可能な開発目標)17の目標”の視点を経営に取り入れ、収益構造の確立をめざすもの。

学部   2021/12/22   広報室

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

学生広報スタッフがクマガクの魅力や最新情報をお届けします

KUMAGAKUスポーツ

KUMAGAKUスポーツ

熊本学園大学のスポーツに関する情報を更新しています。クマガク生の活躍をぜひご覧ください!!

公式YouTubeチャンネル

公式YouTubeチャンネル

大学の様子やオープンキャンパス、在学生の活躍などを動画で紹介しています

福祉で活躍するセンパイの想い

福祉で活躍するセンパイの想い

将来の福祉を担う人材の育成をめざす「福祉系大学経営者協議会」に加盟しています

大学コンソーシアム熊本

大学コンソーシアム熊本

産学官連携により地域社会の発展、熊本の教育環境の向上をめざして活動しています

在学生・卒業生メッセージ
クマガク インタラクティブムービー
クマガク学生広報スタッフ公式SNS

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

学生広報スタッフがクマガクの魅力や最新情報をお届けします

KUMAGAKUスポーツ

KUMAGAKUスポーツ

熊本学園大学のスポーツに関する情報を更新しています。クマガク生の活躍をぜひご覧ください!!

公式YouTubeチャンネル

公式YouTubeチャンネル

大学の様子やオープンキャンパス、在学生の活躍などを動画で紹介しています

福祉で活躍するセンパイの想い

福祉で活躍するセンパイの想い

将来の福祉を担う人材の育成をめざす「福祉系大学経営者協議会」に加盟しています

大学コンソーシアム熊本

大学コンソーシアム熊本

産学官連携により地域社会の発展、熊本の教育環境の向上をめざして活動しています

在学生・卒業生メッセージ クマガク インタラクティブムービー