ニュース

サイバー防犯ボランティア「KC3」が警察庁サイバー警察局と熊本県警察と意見交換

 6月14日(火)、東海大学熊本キャンパスで、サイバー防犯ボランティア「KC3」が活動するうえでの課題や問題点などについて、警察庁サイバー警察局と熊本県警察の担当者と意見を交換しました。今回の意見交換会は、警察庁サイバー警察局からの呼びかけで実現し、本学学生3名を含む学生11名と警察庁サイバー警察局から2名、熊本県警察サイバー犯罪対策課から4名の、計17名が参加しました。

 「KC3」は、商学科の得重仁ゼミの学生を中心に県内4大学(本学、熊本県立大学、東海大学、崇城大学)で構成され、安全で安心なインターネット環境づくりと、犯罪のない明るい社会づくりに貢献することを目的として、熊本県警察サイバー犯罪対策課と連携しながら、サイバーパトロールや小中学生等を対象とした防犯講話などの活動を行っています。

 はじめに、警察庁サイバー警察局官民連携推進室長の安平俊伸氏が「小中学生や高齢者に“情報リテラシー”を語るには、堅苦しい言葉ではなく、皆さんからの言葉で情報を発信していただく方が効果的。皆さんの力が大切です」と挨拶。その後、各大学の代表者がこれまでの活動を報告しました。

 意見交換では、防犯に関する広報啓発活動について「くまモンや地元のプロスポーツチーム、警察庁と協同でYouTuberなど影響力のある方と連携する」「大学生など学生は興味がある分野の情報は積極的に収集するが、そうでない内容だと知る機会が少ない。学校などの環境下で身近な人から周知した方が効果的」など途切れることなく意見があがりました。また、「KC3」の活動の活発化について「ボランティアではなく、インターンシップや授業と関連させるとより参加者が増える」「サイバー防犯の活動だけでなく、“楽しそう”と思ってもらえるようなイベントも行いたい」といった意見があがりました。

 最後に安平氏は「今後も活動を活発化させるために、何か思いついたら『ちょっとしたことを伝えても』と思うのではなく、積極的に熊本県警に声を届けてほしい。それが警察庁まで届き、好循環がうまれる」と話しました。

 参加した本学リーダーの福田想真さん(商学科4年)は「SNSのサイバーパトロールを主に考えていたが、他大学の活動を知り、今後の活動の幅が広がるのではないかと感じた。また、警察の方々に私たちの考えをお伝えできた」と語り、明るい表情を見せました。
地域   2022/06/23   広報室

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

学生広報スタッフがクマガクの魅力や最新情報をお届けします

KUMAGAKUスポーツ

KUMAGAKUスポーツ

熊本学園大学のスポーツに関する情報を更新しています。クマガク生の活躍をぜひご覧ください!!

公式YouTubeチャンネル

公式YouTubeチャンネル

大学の様子やオープンキャンパス、在学生の活躍などを動画で紹介しています

福祉で活躍するセンパイの想い

福祉で活躍するセンパイの想い

将来の福祉を担う人材の育成をめざす「福祉系大学経営者協議会」に加盟しています

大学コンソーシアム熊本

大学コンソーシアム熊本

産学官連携により地域社会の発展、熊本の教育環境の向上をめざして活動しています

在学生・卒業生メッセージ
クマガク インタラクティブムービー
クマガク学生広報スタッフ公式SNS

クマガク学生広報スタッフ公式SNS

学生広報スタッフがクマガクの魅力や最新情報をお届けします

KUMAGAKUスポーツ

KUMAGAKUスポーツ

熊本学園大学のスポーツに関する情報を更新しています。クマガク生の活躍をぜひご覧ください!!

公式YouTubeチャンネル

公式YouTubeチャンネル

大学の様子やオープンキャンパス、在学生の活躍などを動画で紹介しています

福祉で活躍するセンパイの想い

福祉で活躍するセンパイの想い

将来の福祉を担う人材の育成をめざす「福祉系大学経営者協議会」に加盟しています

大学コンソーシアム熊本

大学コンソーシアム熊本

産学官連携により地域社会の発展、熊本の教育環境の向上をめざして活動しています

在学生・卒業生メッセージ クマガク インタラクティブムービー